Apple、2021年前半にARMベースプロセッサ搭載Macを発売 著名アナリストが予測

AppleはMacの内蔵プロセッサをIntelのものからARMのものに置き換えることを計画しているが、その新プロセッサを搭載したMacは2021年8月までに登場するようだ。

現地時間24日、TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は最新の投資家向けレポートのなかで言及した。

ARMベースのプロセッサを搭載したMacは2021年に登場へ

Kuo氏のレポートによると、AppleはARMベースのプロセッサを内蔵したMacを今後12ヶ月〜18ヶ月以内に発売する計画であるとのこと。

もし、Kuo氏の予測が正しいのであれば、ARMベースのプロセッサを搭載したMacは2021年2月から2021年8月までの間に登場することになる。さらに、これまでのAppleの製品スケジュールと照らし合わせると、2021年前半に発売する可能性が高い。

Appleは1年のうちに新製品を発売するタイミングはいくつかあるが、”前半” に限定するとほぼ3月・6月に新製品が集中する傾向にある。特に新プロセッサが搭載されるのが最も濃厚なMacBook Proは6月もしくは7月に登場することが多い。

このことから、Appleは2021年の中頃にARMベースのプロセッサを搭載したMacを発売するつもりなのかもしれない。ちなみに、Kuo氏によれば新開発のプロセッサは5nmプロセスで製造されるとのこと。5nmプロセスを採用したプロセッサは他にも2020年秋発売のiPhoneやiPad Proに搭載されることが濃厚とされている。

新型コロナウイルスの影響で、Appleは各製品の生産に遅れが発生することが危惧されているが、それらの不確実性を埋めるべく5nmプロセッサに関する研究・開発費および生産に関して積極的な投資を行っているとのことだ。

ちなみにARMベースのプロセッサ搭載Macに関しては数年前から噂されていたこと。早くて2020年に実現と言われていたことから、登場はここ1~2年とみて良さそうだ。

関連記事
Apple、2020年にARメガネを発売か 睡眠トラッキング機能を搭載したApple Watch、ARMベースのMacも同じく2020年に登場へ
Mac内蔵プロセッサのARMベース化、2020年から開始 iOSアプリとMacアプリのクロスプラットフォームが本格始動

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。