AppleのAR・VRヘッドセットは2023年に投入延期?発熱問題が発生と米メディア報じる

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

数年前より噂されている、AppleのAR・VRヘッドセット。今年ついにその秘密が明らかにされることが期待されているが、米メディアBloombergによるとその投入時期は2023年になる可能性があることがわかった。

この情報は、米メディアBloombergの著名記者であるMark Gurman氏と、望月崇氏、そしてDebby Wu氏の3名連名による記事で伝えられている。

AppleのAR・VRヘッドセットは2023年に登場か

Bloombergは今年1月3日に、Appleが独自開発のAR・VRヘッドセットを2022年6月に開催されるWWDC22で発表し、年内にも発売となる可能性があると報じていたが、同ヘッドセットの過熱およびカメラ・ソフトウェアに関する開発上の問題が発生しており、当初のスケジュール通り発売することが難しくなったと伝えている。

この遅延のおかげで、発売は2023年にズレ込むことが予想されており、発表も「2022年以降」になる可能性があるとBloombergは指摘する。

AppleはいずれiPhoneを置き換える、新たな主力製品として独自のAR・VRヘッドセットを展開することを計画していると報じられている。その第1弾となる製品を問題を抱えた状態で世に送り出すことは好ましくないことから、Appleはこれらの問題を解決した上で慎重に発売する可能性がありそうだ。ちなみにBloombergによると、同ヘッドセットは何年間も発売が遅れているとのことだ。

AppleのAR・VRヘッドセットは、iPhoneやMacに接続することなく、スタンドアローンで動作できる設計になっているとの噂だ。

本体には6~8個の光学モジュールが搭載され、連続したビデオシースル型ARサービスが提供できるほか、ソニーの4KマイクロLEDディスプレイが2枚搭載され、VR体験もサポートすると伝えられている。

なお、Mark Gurman氏は、Appleが2022年に発売する予定の製品として、2022年に5Gに対応したiPhone SE(第3世代)、ワイヤレス充電に対応した新型iPad Pro、Apple Watchがより堅牢になったモデル 「Explore Edition (仮称)」 を挙げている。

また、そのほかにも新型iMac、新型Mac mini、新型Mac Pro、iPhone 14などが投入されるとも伝えている (詳細は以下の記事から)。

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。