AppleのAR・VRヘッドセット、全機能の利用にはAppleデバイスとの接続が必要か

現在、Appleが開発中であると噂のAR・VRヘッドセットについて、The Informationが最新情報を伝えている。同ヘッドセットで全機能を利用するには、iPhoneなどAppleデバイスとのワイヤレス接続が必要になるようだ。

AR・VRヘッドセット、全機能の利用にはAppleデバイスとの接続が必要?

The Informationが入手した情報によると、AppleはAR・VRヘッドセットに使用予定の5nmカスタムチップの開発を完了し、このチップの仕様から、Appleデバイスとの接続を必要とする旨が明らかになったとのこと。

カスタムチップは、ヘッドセットを動作させる上で重要となるメインのSoC(システムオンチップ)に加えて、2つの追加チップの合計3つ。

MacやiPhoneなどに使用されているチップほどは強力ではなく、ニューラルエンジンも搭載されていないとのことだが、ワイヤレスでのデータ伝送や動画の圧縮・解凍、バッテリー持ちを良くするための電力効率の最適化などに適した設計になっているようだ。

チップはAppleデバイスと連動するように設計されてはいるものの、ヘッドセット自体にCPUとGPUが搭載されることから、スタンドアロンモードで動作する可能性もあるという。

チップはTSMCが製造しており、量産化は少なくとも1年後と言われているとのことから、Apple初のAR・VRヘッドセットの登場は早ければ2022年になる可能性があるという。ただし、何らかの作業に遅れが生じた場合には発売延期の可能性も十分にあるだろう。

The Informationによると、ヘッドセットのイメージセンサーとディスプレイドライバの開発はすでに完了していて、現在はイメージセンサーの大型化に伴い発生している問題を解決中であるという。

ちなみに、AppleはAR・VRヘッドセットのほかにARメガネも開発中であるとの噂だ。

先日、米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏は、ティム・クックCEOが引退前に新たな主要製品カテゴリとして、ARメガネをリリース予定であるとニュースレターの中で伝えていた。現時点での情報では、AppleのARメガネはAR・VRヘッドセットに続き、2023年に発売予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。