AppleのAR・VRヘッドセットは900ドル超えで2022年発売か。他社ヘッドセットを大幅に上回る超ハイエンド機になる可能性

Appleは現在いくつかの新しい製品ジャンルに挑戦しているが、そのうち最も注目されている製品のひとつと言えるのが、AR・VRヘッドセットだ。

このApple製のAR・VRヘッドセットは、より高価でニッチな野心的な製品になる可能性があるとのこと。発売は2022年になる予定。Appleの未発表製品に関して情報精度が極めて高い米メディアBloombergの記者Mark Gurman氏が伝えた。

AppleのAR・VRヘッドセットは高性能・高価格な製品に。発売は2022年

Mark Gurman氏によれば、Appleにとって初となるAR・VRヘッドセットはより野心的なものになる可能性があるとのこと。

具体的にはFacebook (Oculus) やHTC、ソニーのPSVRなどのヘッドセットに比べて大幅に性能を上回るものになる可能性がある。スタンドアローン型で、ディスプレイの解像度は現行のVRヘッドセットよりも高く、さらにMacBook AirやMacBook Proに搭載されているM1チップよりも高い性能をもったプロセッサ (Apple Silicon) を搭載することが計画されているようだ。

また、AR機能を利用するため外部にカメラが内蔵されていて、ユーザーの手の動きを認識し操作できるハンドトラッキング、仮想キーボードなどを含めたソフトウェアなどもテストしているとされる。

Mark Gurman氏によれば、ヘッドセットは眼鏡を装着しているユーザーのことを配慮して、ヘッドセットと顔の間の距離を短くしたとのこと。また視力が弱いユーザーのためにヘッドセットに度入りレンズを装着できるようにしているという。

ただし、開発においていくつかの “ハードル” にぶつかっていることも報じられている。AppleはこのAR・ヘッドセットを、ゲームでの利用やビデオの視聴などバーチャル空間で使用することを主に想定しているとみられ、現実世界のビューに画像や情報をオーバーレイするAR (拡張現実) デバイスとして使用することについてはやや限定的なものにする可能性がある。

また、高い価格のおかげで多くのユーザーに広く浸透する製品とはならない可能性があるが、それについてはAppleも承知しているようだ。

Appleは各Apple Storeで1日に1台売れる程度の販売量を計画していて、他の販売チャネルをのぞいて年間18万台強の販売を予想しているようだ。iPhoneが年間2億台前後売れていることを考えると、Appleにとってこの規模は決して大きいとは言えないだろう。

Mark Gurman氏は同ヘッドセットの発売時期を2022年と予想している。具体的な発売時期は伝えられていないが、開発者などへの販売もターゲットにしているとのことから来年6月に開催されるWWDC2022あたりで発表される可能性は高そうだ。

プロトタイプの開発はすでに後半段階にまで進んでいるという。ただし、まだプロトタイプも完成まで至っていないことから、Appleは計画を変更するか、あるいは計画自体を取りやめる可能性はまだ残っている。当初は内蔵プロセッサの熱を冷却するためのファンを搭載する関係で、ヘッドセット本体の重量が重くなり、ユーザーの首に負担がかかることが懸念されていたという。ファブリック素材を使用するなどで計量が図られているというが、この問題がどのように解決されたかはわかっていない。

ちなみにAppleはAR・VRヘッドセットのほかにも、ARメガネの開発も行なっていると報じられているが、こちらはまだ開発の初期段階にあり、数年先に発売することになるとMark Gurman氏は伝えている。

関連記事
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証
AppleのAR/VRヘッドセットにソニー製HMD向けディスプレイが採用か

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。