Appleが 「Shot on iPhone」 新作動画を公開 いま流行りのASMR動画をiPhoneで収録

現地時間8月7日、Appleは広告動画シリーズ 「Shot on iPhone」 の新作動画4本を公開した。今回のテーマはASMR。YouTubeなどで流行っている、いわゆる音フェチ動画だ。

ASMRとは、Autonomous Sensory Meridian Responseの略語。日本語には最適な言葉は存在しないが、要は耳かきの音や囁き声、雨音などの環境音等を使った聞いてて心地の良い音や感覚のことを示す言葉。YouTubeなどではこのASMR音源を流す動画が一部で流行っており、それにAppleも乗っかった形となる。

公開された動画は以下の4本。上から順に雨音、草木の上を歩く音、ささやき声と波の音、木を削ったりヤスリをかける音が収録されている。

これらの動画はすべてiPhoneを使って収録されているというが、マイクについてはプロ用のハードウェアを使用しているとのことだ。Appleは同ASMR動画をヘッドホンをすると最高に楽しめるとしている。

動画は6分から10分程度と少し長め。リラックスしたいときなどにぜひ視聴していただきたい。

関連記事
【比較】AirPodsとPowerbeats Pro、どちらを買うべき?性能・音質・バッテリー持ちなど比較してみた
Powerbeats Pro レビュー|AirPodsを上回る音質。最高の装着感と高い防水性能が大きな魅力

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。