Apple、2020年の学割・教員割引キャンペーン開始。Mac・iPad購入で最大18,000円がギフトカードで還元

2月6日、Apple Japanは2020年の学割・教員割引キャンペーン 「新学期を始めよう」 を同社公式サイトおよびApple Storeで実施することを発表した。

同キャンペーンは、毎年恒例の学生・教職員向けキャンペーン。学生・教職員向けストアで対象MacもしくはiPadを購入することで、最大18,000円のApple Storeギフトカードが提供される。

学生・教職員がMac・iPad購入で最大18,000円がギフトカードで還元

キャンペーンの対象となるMacやiPadは以下のとおりとなっている。Macの場合はMacBook ProやMacBook Air、iMacなどが対象で、18,000円のApple Storeギフトカードがもらえる。iPadの場合はiPad ProやiPad Airが対象で、購入すると12,000円のAppleギフトカードがもらえる。

キャンペーン対象製品 ギフト券の金額
MacBook Air
MacBook Pro
iMac
iMac Pro
18,000円
iPad Pro (2018)
iPad Air (2019)
12,000円

Appleの学生・教職員向けストアは普段でも少し安い価格でApple製品を購入できるが、今回のキャンペーンでは通常の割引に加えて、さらに最大18,000円分のApple Storeギフトカードがもらえるため、とてもお得にApple製品を購入できる。

例えばMacBook Airであれば、普段から学生・教職員ストアで109,800円(税別)で購入できるわけだが、さらに18,000円分のApple Storeギフトカードをもらうことで、実質91,800円で購入できる計算になる。

製品名 通常価格 学生・教職員価格 ギフトカードの金額 実質価格
MacBook Air 119,800円〜 109,800円〜 18,000円 91,800円〜
MacBook Pro
(13インチ)
139,800円〜 129,800円〜 18,000円 111,800円〜
MacBook Pro
(16インチ)
248,800円〜 227,800円〜 18,000円 209,800円〜
iMac (4K) 142,800円〜 136,800円〜 18,000円 118,800円〜
iMac (5K) 198,800円〜 187,800円〜 18,000円 169,800円〜
iMac Pro 558,800円〜 513,800円〜 18,000円 495,800円〜
iPad Pro
(11インチ)
89,800円〜 84,800円〜 12,000円 72,800円〜
iPad Pro
(12.9インチ)
111,800円〜 106,800円〜 12,000円 94,800円〜
iPad Air 54,800円〜 52,800円〜 12,000円 40,800円〜

※価格はいずれも税別

現在お持ちのデバイスを下取りに出す 「Apple Trade In」 を利用すれば、さらにお得に購入することもできる。さらには、AppleCare Protection Planを20%オフで契約できるなどの恩恵も受けられる。

これから進学や進級を迎える方の中で、Apple製品を購入することを検討していたなら、ぜひこのキャンペーンを利用していただきたい。

キャンペーン期間・対象者

キャンペーンが利用できるユーザーは大学・高等専門学校・専門学校に在籍する学生、あるいはこれら教育機関に進学が決定している方。さらに大学受験予備校に在籍する学生も対象。学生の父母が代理で購入することも可能だ。

学生本人だけでなく、小・中・高・大学・専門学校の教職員や、それぞれのPTAの役員として活躍している方なども対象となる。これらに該当する方はぜひキャンペーンを活用いただきたい。キャンペーン対象ユーザーは以下のとおり。

・大学、高等専門学校、専門学校の学生
・上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
・大学受験予備校に在籍する学生
・小・中・高・大学・専門学校の教職員
・PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方
※大学、高等専門学校、専門学校の学生、それらの学校に進学が決まった生徒、大学受験予備校生は父母の代理購入も可能。対象の詳細はApple Store for Education対象教育機関で確認を。

キャンペーンの開催期間は4月6日まで。もちろん、同キャンペーンはApple公式サイトからだけでなく実店舗でも利用することが可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。