Apple Mapsの会社・店舗情報をカスタマイズする 「Apple Business Connect」 発表。米国で本日から提供開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは現地時間11日、地図アプリ (Apple Maps) 等で表示される店舗カードの情報をカスタマイズできるツール 「Apple Business Connect」 を提供開始すると発表した。

「Apple Business Connect」 は、中小企業や店舗の営業情報を、地図アプリ (Apple Maps) 等で正確に反映できるツールとなる。

会社や店舗の住所・電話番号等のコンタクト系のインフォメーションはもちろん、店舗の写真やロゴ、営業時間の詳細がプレイスカードに掲載できるほか、Instacart、OpenTable、Booking.comと連携することで実際の注文や予約に関する受付も可能。

また、地図アプリの新機能として提供される 「ショーケース」 では季節限定メニューやユーザーに対する特別オファー、さらに各種割引キャンペーンなどの情報も掲載できるようになる。

Apple Mapsでは以前から 「Apple Business Register」 というツールを使って、各店舗の基本情報や写真、レビュー、評価などが表示されていた。ただし、「Apple Business Register」 はYelpやTripAdvisor、Foursquareなど外部のサービスの情報を参照していたため、過去の情報や不正確な情報が掲載されていたこともあった。

これらの情報を細かくカスタマイズすることで、ユーザーとのエンゲージメントを高めることが期待できる。なお、これらのプレイスカードはメッセージやWallet、Siri、その他のアプリケーションにも表示されることがあるため、事業者や店舗オーナーは積極的にカスタマイズするべきだろう。プレイスカードの表示される情報は、Apple IDにログインすることで簡単に登録・変更することが可能。

本ツールはまず米国で本日から利用可能になり、今後数ヶ月で世界中で利用可能になる予定。利用料は無料。

関連記事
Apple、遂にタッチスクリーン搭載MacBookを開発か。2025年発売の新型MacBook Proでデビューと噂
Apple、各製品に自社製ディスプレイを採用か。まずはApple Watchから、その後iPhoneなどにも導入計画

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。