Apple、デンマークのビジュアルエフェクト企業Spektralを買収

多くの会社が拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術に多額の投資を行っている中で、Appleもビジュアルエフェクト技術に特化したデンマークの企業Spektralを買収したことが明らかになった。デンマークの新聞社Børsenが報じた。

Appleは2017年にSpektralを買収

Spektralは、緑のスクリーン(映像合成用のグリーンバック)を使ってリアルタイムに映像を合成する機械学習技術を開発するベンチャー企業。ヘンリク・パルトフト氏とトーゲ・ジャンセン氏が共同で設立し、物や人など特定のオブジェクトを背景から切り取り、それを違う背景にオーバーレイする技術を得意とする。

Appleは同社を推定3,000万ドルで買収したとのこと。買収は2017年で、すでに1年近くが経過している。買収後、共同設立者のトーゲ・ジャンセン氏は米サンフランシスコのベイエリアで働いているという。

この技術がAppleにとってどのように役立つのかは分からないが、この数年はAR技術に力を注いでいることから、もしかすると将来的に「AR Kit」にいくつかの新機能が追加される可能性がありそうだ。

また、Appleは独自のARメガネを開発中で、早ければ2020年に発表するとの噂もあるが、それと今回の買収が関係しているかは明らかになっていない。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iPad」製品をチェック
 ・iPad Pro (11インチ / 12.9インチ)
 ・iPad Pro (10.5インチ)
 ・iPad (9.7インチ)
 ・iPad mini 4
▶︎ Apple公式サイトで「iPadアクセサリ」をチェック
 ・Apple Pencil (第2世代) / Apple Pencil (第1世代)
 ・ケース&プロテクター / イヤホン / その他
▶︎ 「iPad」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。