Apple、アプリ開発ツールを提供する「Buddybuild」を買収

昨年12月、Appleは音楽認識アプリ「Shazam」を買収したことで話題になっていたが、次はアプリ開発ツールを提供するカナダの企業「Buddybuild」を買収したことが明らかになった。

現地時間1月2日、Buddybuildは公式ブログ上で、Appleの開発チームに加わったことを発表。今後はXcodeの開発グループとして、iOSアプリの開発ツールを構築していくという。

この買収に伴い、新しい顧客の受付は終了となり、無料スタータープランとAndroid向けの開発ツールは2018年3月1日をもって提供終了となる見通しだ。

 

今回買収されたBuddybuildは、iOSやAndroid向けのアプリをビルドしたり、配布することができる開発者向けツール。

先日、AppleはiOSとmacOSの両OSで動作するアプリを開発するためのツールを開発者向けに提供し、多くのアプリをクロスプラットフォームで利用可能にするプロジェクト「Marzipan」を進めているとの報道があった。

同プロジェクトは早ければ今年6月に開催される「WWDC 2018」で発表されるとみられているが、今回の買収はそのプロジェクトに関連した動きなのかもしれない。アプリ開発者の方々は今後の動きに注目しておこう。

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via TechCrunch ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。