Apple Cardは2019年8月提供開始 ティム・クックCEOが決算報告で明らかに

Apple独自のクレジットカード 「Apple Card」 が2019年夏から提供開始とアナウンスされているが、少し具体的なサービス開始時期が明らかに。

現地時間7月30日に実施された同社決算報告において、AppleのCEOティム・クック氏が 「2019年8月からサービスを開始予定」 であることを明らかにした。

Apple Card

AppleがGoldman Sachs (ゴールドマン・サックス) と共同で発行するクレジットカード。iPhoneの 「Wallet」 アプリと連携させることで管理でき、還元率はApple Payを経由して通常の買い物をした時は2%、Apple Storeでの買い物は3% 。物理式カードを使って、Apple Payを経由せずに買い物をした時の還元率は1% 。年会費・決済手数料・延滞手数料はなし。物理式カードはチタン製。カード番号やCVVセキュリティコードなどは一切印字されない。

提供開始の具体的な日付は明らかになっていないが、すでに多くの従業員が同カードをテストしていることを明らかにしたティム・クック氏。当初の提供地域は米国のみだが、日本など他地域へのサービス開始に関する情報にも注目が集まっている。

ちなみに、先日配信された 「iOS 12.4」 でApple WalletがApple Cardをサポートするようになった。

関連記事
Apple、独自クレジットカード 「Apple Card」 正式発表
Apple Card、来月初めに正式サービス開始か カナダ・欧州・中国なども来年以降にサービス開始へ
Apple、19年第3四半期(19年4~6月期)決算を発表 3四半期ぶりに増収も減益は3四半期連続

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。