Appleが新型コロナ対策にフェイスシールド開発。医療機関に向けて提供開始 マスクも2,000万枚を調達

AppleはCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) 対策のため多方面に対して多額の寄付を行っているが、それと並行する形で独自開発のフェイスシールドの生産およびマスクの調達を行っていることを同社CEOティム・クック氏が発表した。

現地時間5日、ティム・クックCEOはCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の感染拡大防止のため、同社が生産したフェイスシールドを医療機関に対して提供すると発表した。

Apple、新型コロナ対策のフェイスシールドを医療機関に提供

このフェイスシールドは、Appleのデザイナー、エンジニアやオペレーション&パッケージングチームによって開発され、製造はサプライヤーなどと協力して行われるとのこと。フェイスシールドは透明なプラスチックで作られており、サイズの調節も可能。組み立てもわずか2分で完了するという。同フェイスシールドを使った医療関係者からの反応はとても良かったとティム・クックCEOは伝えた。

このフェイスシールドは、100個単位でパッケージされ輸送されるとのこと。今週中に100万個が生産され、その翌週以降も100万個が生産予定。完了次第、順次発送していくとしている。

当初は米国の医療機関に向けて提供され、その後は米国以外にも提供が行われるとのこと。第1回目の出荷分はまずカリフォルニア州サンタクララバレーのカイザー病院に届けられたとのことだ。

また、ティム・クック氏は各サプライチェーンの協力によって通常のマスクも2,000万枚調達したと発表。これらの提供も早くも始まっているようだ。

ちなみに、Appleだけでなく他の大企業もフェイスシールドの開発およびマスクの調達・提供を開始しており、医療機関に向けた支援が徐々に広がっている。米国では33万人を超える感染者が発生、死者も9千人以上と大きな被害をもたらしており、今後も感染者および死者数ともに増える見込みとなっている。

関連記事
Apple Storeの営業再開が未定に。「追ってお知らせするまで」 に記載変更
Apple Store、製品の返品期限が延長。3月に購入した商品は4月11日まで返品可能に

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。