「iOS 12」はパフォーマンス改善が主なアップデート内容に 一部の新機能の搭載を延期へ

次期iOSの「iOS 12」は、新機能の搭載が目玉になるのではなく、現在の「iOS 11」に存在する問題を解決することがメインになるようだ。

Axiosによると、Appleのソフトウェア・エンジニアリング担当のCraig Federighi氏は、2018年1月に行った社内会議で、次期iOSの方針を発表したとのこと。その内容によると、「iOS 12」は主にパフォーマンス改善や安定性を高めることに注力し、目玉となる新機能は一部が搭載延期になるという。

「iOS 12」はパフォーマンスの改善や安定性の向上がメインに

延期される機能は、具体的にはホーム画面の手直しや、CarPlayに関連する機能の拡張、「メール」アプリなど主要アプリの改善、写真の撮影・編集・共有機能の強化等が含まれているという。

また、導入が延期されずに「iOS 12」で搭載される機能は、AR機能やヘルスケア、ペアレンタルコントロールなど。そのほか、安定性の向上やカスタマーサポートを必要とするような問題が起きないように、既存の機能を改善していくようだ。

この決断はAppleにとって英断だったかもしれない。というのも、これまでAppleは目玉となる新機能を毎年のアップデートで実装してきたが、昨年6月に発表された「AirPlay 2」など、発表から半年以上経った今でも実装することができていない。

現在、「iOS 11.3 beta」で「AirPlay 2」がテスト中

ましてや、「iOS 11」にはいくつかの問題も発生していたことから、現状のOSを手直しする必要性があるだろう。

当然、世間を驚かせるような新機能がないと、Appleへの関心が薄れてしまう可能性があるが、最新のOSがユーザーエクスペリエンスを下げるのであれば、Appleのブランド力を毀損する可能性もある。リスクはあるかもしれないが、今年はパフォーマンス改善に徹するのもありかもしれない。

「iOS 12」は、例年通りであれば2018年の秋にリリースされることが予想される。発表は今年6月頃に行われる開発者向けイベント「WWDC 2018」、あと5~6ヶ月で次期iOSが初お披露目になるだろう。

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。