2023年の次世代iPhone、やはり自社製5Gモデムチップが搭載か。Qualcommへの依存から脱却?

AppleはMacの内蔵プロセッサを自社開発の 「Apple Silicon」 チップに置き換え、Intelへの依存から脱却することに成功したように、今度はiPhoneの5Gモデムチップも自社製に切り替え、Qualcommへの依存から脱却する計画のようだ。

TF International Securitiesの著名アナリストMing-Chi Kuo氏は、投資家向けレポートの中で、Appleは2023年に発売するiPhoneから、自社開発の5Gモデムチップを搭載する可能性があると伝えている。

2023年発売のiPhoneにApple自社製チップが搭載か

現在販売しているiPhoneには、Qualcomm製の5Gモデムチップが搭載されている。他社のチップが搭載されているということは、チップの性能やコストなどを他社に依存していることになる。

Appleが自社開発のモデムチップを開発する背景には、これらの依存度を下げることに加えて、もっとiPhoneに高い親和性をもった部品を搭載し、さらに性能を引き上げる狙いがあるためとみられている。

Macは自社製プロセッサ 「Apple Silicon」 を搭載し、性能を引き上げることに成功したように、自社開発の5GモデムチップをiPhoneに搭載することによって、さらに高速かつ低遅延な通信ができるようになる可能性がある。

Macの内蔵プロセッサは自社製に置き換えられた

Appleは2019年にIntelからスマートフォン用のモデムチップ事業を買収しており、翌年には同社ハードウェア部門の上級副社長ジョニー・スロウジ氏が従業員に対して独自のモデムチップの開発を開発していることを明らかにしていた。

なお、AppleがiPhone用の独自5Gモデムチップを開発しているという情報については、今年3月にBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏がすでに伝えていた通り。これにAppleの未発表製品に関して高い予測精度をもつKuo氏の情報が加わったことにより、実現の可能性はかなり高くなったと言えるだろう。2023年に登場するiPhone(iPhone 15?)はよりパワーアップしたモデルになるのだろうか。

関連記事
Apple、2023年のiPhoneに自社設計の5Gモデムチップを採用か
Apple、自社製5Gモデムチップを2022年までに開発完了か 同年発売のiPhoneへ搭載を目指す

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。