Apple、2023年のiPhoneに自社設計の5Gモデムチップを採用か

Appleは将来的に、iPhoneやiPadに自社設計の5Gモデムチップを搭載予定と噂されている。このうち、iPhoneへの搭載は2023年になる可能性がありそうだ。

2023年のiPhoneにAppleの自社製5Gモデムチップが搭載か

BarclaysのアナリストであるBlayne Curtis氏とThomas O’Malley氏によると、Appleの5Gモデムチップは2023年に発売するiPhoneの全モデルに採用される可能性が高いとのこと。

Appleの自社製5Gモデムチップについては、2019年にAppleがIntelのスマートフォン向けモデムチップ事業を買収した頃から何度も噂されている。以前にBarclaysが公開したレポートでは、Appleの自社製5GモデムチップはSub6とミリ波の両方をサポートすると伝えられていた。

ちなみに、最新モデルのiPhone 12シリーズにはQualcommの5Gモデムチップが採用されており、2021年と2022年に発売するiPhoneにもQualcomm製の5Gモデムチップが採用されると伝えられている。

関連記事
iPhone 12 Pro レビュー | 5G対応のカックカク新型iPhone。その魅力とイマイチなところ。MagSafeも試してみた
iPhone 12 mini レビュー | 片手で使えるコンパクトさが特徴のミニモデル。その魅力とは?

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。