Apple、iPhoneのディスプレイを自社製造へ カリフォルニアの施設でMicroLEDスクリーンを少量生産中

Appleは、「iPhone X」のディスプレイをSamsungだけに供給させることで、同デバイスの製造コストを引き下げることに失敗した。

この失敗を繰り返さないために、今年発売の新型iPhoneは、LGとSamsungの二社体制でディスプレイを製造し、価格競争を引き起こすことを計画していると報じられているが、数年後はサプライヤーに振り回されることなく、iPhoneを製造できるようになるのかもしれない。

米メディアのBloombergが報じたところによると、Appleは自らの手でディスプレイを開発することを計画しているようだ。

Appleはサンタクララの施設で自社製microLEDディスプレイを開発中

Appleの計画を知る匿名からの情報によると、Appleは膨大な費用を投じ、カリフォルニアのサンタクララに極秘のディスプレイ製造施設を作ったとのこと。この施設で秘密裏にディスプレイ開発を行なっており、試験的に少量生産しているという。

開発中のディスプレイは、MicroLED技術が採用されており、有機ELディスプレイに比べて高輝度と省エネを実現できる。さらに、製品自体の薄型化も可能であるとみられる。

このMicroLEDディスプレイの開発は一時難航していたが、今では問題を克服し順調に進んでいるとのこと。ただし、Bloombergによると同ディスプレイの製品化は数年後。この報道が確かなのであれば、今年や来年に発売するiPhoneではなく、2年~3年後に発売する製品で搭載されることになりそうだ。

搭載される可能性があるのは、iPhoneやiPad、Apple Watch。そのほか、Macなどにも搭載される可能性があるが、Appleがどこまで計画しているのかは不明だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。