「Apple Developer」 アプリ、Mac CatalystによりmacOS版がリリース

現地時間6月15日、AppleはiOSやiPadOS、tvOS向けに配信している 「Apple Developer」 アプリの最新アップデート 「バージョン8.2」 の配信を開始した。

今回のアップデートの配信と同時に、新たにMac版 「Apple Developer」 アプリの配信が開始されている。これはiPad用アプリをベースにMacアプリを作成できる 「Mac Catalyst」 の技術を利用して作られている。

Mac版 「Apple Developer」 アプリが配信開始。iMessageの新ステッカーも

「Apple Developer」 アプリのバージョン8.2では、UIのアップデートにより最新のニュースやビデオがチェックしやすくなったほか、「WWDC20」 の基調講演や各セッションのライブストリーミングが視聴できるようにもなっている。リリースノートは以下のとおりだ。

  • macOS用の新しいUIデザイン。
  • “見つける”。最新のストーリー、ニュース、ビデオなどがチェックしやすくなりました。
  • “WWDC”。ここでWWDCに必要なものがすべて見つかります。
  • “ブラウズ”の新しいインターフェイス。ここで既存のセッション、ビデオ、記事、およびニュースを検索できます。
  • あとで閲覧したり視聴したりできるようにコンテンツのダウンロードやお気に入りへの追加をするためのオプション。

左:2019年 / 右:2020年

また、アプリに付属するiMessage用ステッカーも2020年の最新版にアップデートされている。上記の画像は左が2019年のもの、右が2020年のものだ。

「Apple Developer」 アプリのアップデート・ダウンロードはApp StoreMac App Storeから可能。「WWDC20」 は6月22日午前10時(日本時間では6月23日午前2時)から開催されるため、基調講演やデベロッパー向けセッションを視聴予定の方は必ずアップデートしておこう。

関連記事
Apple、WWDC基調講演の招待状をメディアに送付。今年はライブ映像ではない可能性も
WWDC20の基調講演は日本時間6月23日(火)午前2時から開催

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。