14.1インチの大画面iPadが開発中との情報。大物リーカーやアナリストらが予測

以前より、Appleが現行12.9インチiPad Proよりも大きな画面を搭載したiPadを開発しているとの情報が存在しているが、その噂の大画面iPadの画面サイズは14.1インチになる可能性があるようだ。

この情報を伝えているのは、DSCC (Display Supply Chain Consultants) のCEOを務めるRoss Young氏、およびリーク情報で高い精度を持つMain Bu氏。

彼らは14.1インチiPad Proが現在開発されていると伝えており、Main Bu氏は早ければ今年10月〜11月に開催される(であろう)新製品発表イベントにて披露されると予想、Ross Young氏はタイミングこそわからないとしながら、2023年前半の発売を予想しているようだ。

14.1インチiPad ProがiPadシリーズにおける位置付けがどのようなものになるのかは不明だが、今年のWWDCではiPadのマルチタスク機能の拡張など大画面モデルに関するアップデートが予告されたことから、さらに大型のiPadの投入をAppleが計画している可能性は十分に考えられる。クリエイターたちの作業用ツールとして提供するつもりなのだろうか。

なお、大型のiPadについては米Bloombergの著名記者Mark Gurman氏が以前に情報を伝えていた。

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。