初代HomePodが在庫限りで販売終了へ。今後はHomePod miniにフォーカス

Apple初のスマートスピーカー 「HomePod」 。高い音質から高い評価を得ている製品だが、高い価格がネックとなり販売に苦戦していると報じられてきた。

Appleはその ”問題” を解決した小型モデル 「HomePod mini」 を昨年発売したが、かわりに初代HomePodがディスコン (販売終了) の憂き目にあってしまうようだ。

Appleは初代HomePodを在庫限りで販売終了することを発表した。Apple公式サイトを見ると、「在庫がなくなり次第終了します。」と記載されている。

米メディアTechCrunchによると、今後はHomePod miniに販売の主軸を置く計画とのこと。HomePodの次世代モデルの登場は期待できなさそうだ。

初代HomePod、在庫限りで販売終了予定

在庫がなくなり次第終了するとアナウンス

AppleがHomePodを発売したのは、2018年2月。Siriが内蔵されており、声だけで操作することができたが、天面にはタッチセンサーが搭載されていて、指である程度の操作をすることも可能だった。日本では他の主要国に遅れる形で2019年8月に発売している。

レビューでも書いたとおり、HomePodの音は他社スマートスピーカーにくらべてクオリティが高く多くのユーザーから高い評価を得ている。しかし、販売価格は36,080円(税込)という価格がネックとなり、販売台数が伸び悩んでいた。

対するHomePod miniは、販売が好調と聞く。HomePodの販売を終了することで、プレミアム路線からミドルレンジ路線に切り替え、リソースをHomePod miniに集約する狙いがあるのかもしれない。

少なくとも初代HomePodは近いうちに販売が終了となる。もしAppleの高品質なHomePodが欲しい方は早めに購入しておくことを強くオススメする。

関連記事
HomePod レビュー | スマートスピーカーとしての実力を徹底検証~真髄は音質にあり
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。