21.5インチiMacが販売終了。残るIntel搭載Macは27インチiMac、Mac Pro、Mac miniだけに

Appleは、21.5インチiMac (iMac /21.5-inch, 2017) の販売を終了したことが分かった。現地時間10月30日、米Apple系メディア9to5Macは、Apple公式サイトからiMac (21.5-inch, 2017)の販売ページが消え、購入できなくなったことを伝えた。

iMac (21.5-inch, 2017) が販売終了

9to5Macによると、iMac (21.5-inch, 2017)は10月29日に販売終了となったとのこと。同モデルが廃止されたことで、残るIntelプロセッサ搭載Macは、iMac (Retina 5K, 27-inch, 2020)Mac Pro (2019)Mac mini (2018)のみとなる。

また、21.5インチiMacの販売終了に伴い、現在のiMacのラインナップは、M1チップを搭載した24インチiMacと、Intelプロセッサを搭載した27インチiMacのみとなっている。海外では、Apple認定整備済製品として在庫が復活することがあるが、日本ではiMacの認定整備済製品は販売されていないことから、実質的に購入不可だ。

今回販売が終了した21.5インチiMacは、2017年に発売したIntelプロセッサ搭載モデル。Appleの製品ラインナップの中で唯一の非Retinaディスプレイを搭載し、実質的に安さのみが魅力のデスクトップコンピュータ。

搭載プロセッサは、第7世代Intel Core i5(デュアルコア/2.3GHz)、RAM容量は8GB/16GB、内蔵ストレージは256GB SSDもしくは1TB Fusion Drive。価格は132,800円(税込)〜。

2021年5月発売の24インチiMac

ちなみに、iMacについては2022年にM1 ProもしくはM1 Maxチップを搭載した上位モデルが登場する噂がある。また、M1チップを搭載した24インチiMacが今年5月に発売している(レビュー)。

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。