Appleの刻印サービス、iPad・Apple Pencil・iPod touchも絵文字に対応

Apple公式サイトで展開されている無料の刻印サービスで、iPad・Apple Pencil・iPod touchに絵文字が刻印できるようになった。

従来まではAirPodsシリーズとAirTagのみが絵文字の刻印に対応していたが、今回の対応により、刻印サービスに対応する全製品に絵文字が入れられるようになった。

iPad・Apple Pencil・iPod touchにも絵文字が刻印可能に

Appleの刻印サービスは、公式サイトからのオンライン注文時にのみ利用できる無料のオプション。従来まではメッセージや数字の刻印のみに対応していたが、今回から絵文字も組み合わせて刻印できるようになった。

刻印サービスに対応している製品は以下のとおり。

  • AirPods Max
  • AirPods Pro
  • AirPods with Wireless Charging Case
  • AirPods with Charging Case
  • iPad Pro
  • iPad Air
  • iPad
  • iPad mini
  • Apple Pencil (第2世代)
  • iPod touch

刻印サービスは、製品をカートに入れる際に 「刻印を追加する」 を選択すれば、好きな刻印を入力することができる。入力画面では、刻印の位置や入れたときの雰囲気も確認できるので、色々と試してお気に入りの組み合わせを見つけてみていただきたい。

(via Macお宝鑑定団Blog(羅針盤))

関連記事
iPad Pro 2021 レビュー | 新型モデルは何がスゴイ?M1チップなど性能を検証してみた
Apple Pencil レビュー (第2世代) | プロのイラストレーターにiPad Proで絵を描いてもらいました

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。