【まとめ】今月30日のApple新製品発表イベントで発表される製品の予想まとめ

Appleは2018年最後になるであろう新製品発表イベントを10月30日に開催することを発表した。イベントの名前は「Apple Special Event October 2018」。

今回の発表イベントは現地時間10月30日午前10時から(日本時間10月30日23時から)、ニューヨークのブルックリンにある「BAM Howard Gilman Opera House」で開催される。イベントの様子はライブストリーミングで視聴できる予定となっている。

例のごとくイベントで発表される新製品についての予告アナウンスは一切ないわけだが、これまでのリーク情報から、新型iPadや新型Macなど複数の新製品が登場することが濃厚とされている。当記事では、今回のイベントで発表されるであろう製品に関する情報をまとめてみたので、どんな新製品が発表されるのか気になっている方はぜひとも詳細を確認していただければと思う。

①ベゼルレスデザイン&Face IDを採用した新型「iPad Pro」

まず最も濃厚と噂されているのが、ベゼルレスデザインを採用し、ホームボタンを廃止、顔認証機能「Face ID」を搭載した新型「iPad Pro」だ。

12.9インチと11インチの2モデルが用意され、12.9インチモデルは画面サイズはそのままに端末サイズが小型化、11インチモデルは画面こそ従来の10.5インチより大きくなるものの、端末サイズはほぼ変わらないものとみられている。

Face IDは「iPhone X」や「iPhone XS/XS Max」では端末を縦向きにした状態でしか認証できなかったが、iPadは横向きで使う機会が多いため、端末を横向きにした状態でも認証できるようになるものと予想されている。

外部ポートも大幅変更に。まず、充電ポートについてだが、これまではiPhoneと同じLightningポートが搭載されていたが、新型モデルではiOSデバイスでは初となる「USB Type-C」端子が搭載され、USB-PDによる急速充電が利用できると予想されている。付属する充電器もUSB-Cポートを搭載したものになり、USB-C to USB-Cケーブルで充電するように変更になる可能性が高い。

また、キーボードなどの接続に利用するSmart Connectorの位置の変更やイヤホンジャックの廃止なども噂されている。Smart Connectorの位置が変更になることで、Smart KeyboardはiPadを縦に置いた状態で使用するように変更になり、これまでのように横向きで使用することは叶わなくなるのかも。また、従来のSmart Keyboardとの互換性もなくなるため、必要な場合は買い替えが必須となる可能性もある。

apple-pencil

さらに、LightningポートがUSB-Cポートに置き換わることで、新型「Apple Pencil」も登場へ。従来までApple Pencilは直接iPadの充電ポートに接続してペアリングしていたが、今回からはワイヤレスでペアリングできるようになるものとみられている。

②13インチの画面を搭載した新型「MacBook」

次に登場が濃厚と言われているのが、MacBook Air」の後継機に当たる13インチの低価格「MacBook」だ。

画面の大きさは13インチと、12インチ「MacBook」よりも少し大きいのが特徴で、待望のRetinaディスプレイが採用。MacBookシリーズの中で唯一Retinaディスプレイではなかった「MacBook Air」からの一番の買い替え候補になってくれるはずだ。さらに画面のベゼルが狭くなることで、端末サイズも現行の「MacBook Air」よりコンパクトになると言われている。

また、これまでは「MacBook Pro」だけに搭載されていた「Touch ID」が搭載されるとの情報も。パスワードをいちいち入力することなく認証できるのはかなり便利になりそうだ。ただし、噂に上がっているのはTouch IDだけで、Touch Barに関しては搭載されるかどうかは不明となっている。

エントリーモデルとしての立ち位置であるため、お値段も手頃。各メディアが伝えている内容をまとめると、999ドル~1,200ドル(11.5万円~13.5万円)あたりになりそうだ。

③プロユーザー向け新型「Mac mini」

Macmini012

大きなアップデートがないまま4年が経過した「Mac mini」だが、BloombergのMark Gurman氏によると、間もなくプロユーザーをターゲットにした新型「Mac mini」が登場する予定であるとのこと。

具体的には、現行モデルよりもより大きなストレージ容量や高性能なプロセッサをオプションで選択できるようになるという。ただし、その分価格は上昇する見込みで、現行ではエントリーモデルが48,800円、最上位モデルが98,800円(いずれも税別)となっているが、もしかすると税別10万円を超えるモデルが登場する可能性もありそうだ。

また、Bloombergの報道によると、新プロセッサの搭載のほか、何らかの新機能の追加もあるとのこと。もし新型Mac miniが登場すれば、4年ぶりのアップデートということでファンからは大きな歓声が上がりそうだ。

④「iMac」「iMac Pro」12インチ「MacBook」のプロセッサアップグレード

新型13インチ「MacBook」や「Mac mini」以外のMac製品に関しては、「iMac」「iMac Pro」12インチ「MacBook」でプロセッサのアップグレードが予定されているという。おそらくどのモデルも最新のプロセッサが搭載されることになるはず。

もし、もし今お持ちの端末のスペックに不満があるのなら、旧端末の売却などをすれば、端末を一台購入するよりは少ない金額で作業環境をアップグレードすることができるので、新型モデルが登場したら売却&購入を検討してみてもいいかもしれない。もちろん、売却をせずに端末を買い増すのもありだ。

⑤純正ワイヤレスマット「AirPower」やワイヤレス充電対応「AirPods」

昨年発表されたApple純正のワイヤレス充電マット「AirPower」は公式サイトからページが消失してしまい、ワイヤレス充電に対応した新型「AirPods」は、公式サイトの案内が「2018年に発売予定」から「発売日未定」になってしまったことから、今年中の発売は絶望的と予想されている。

しかし、9月に発売された「iPhone XS/XS Max」のスタートガイドには「AirPower」で充電できる旨が記載されていたほか、「iOS 12.1 beta」でも充電インターフェイスを管理するためのiOSコンポーネントに一部変更が加えられているなど開発が継続されていることが判明しているため、もしかすると今回のイベントで発売日が明かされることになるかもしれない。

公式サイトの新型「AirPods」の発売日が変更されたことを考慮すると、今年中の発売は厳しいかもしれないが、もしかすると2019年に入ってすぐに発売される可能性も。少しだけ期待しておこう。

⑥スマートスピーカー「HomePod」の日本発売

今年2月、Appleのスマートスピーカー「HomePod」が米国など主要国で発売され、その後も徐々に販売国の拡大が続いている。

10月27日には、Apple社内でHomePodのサポート言語としてイタリア語がテストされていることが明らかになっており、30日のイベントでイタリア国内でのHomePod発売がアナウンスされる可能性が高いと報じられているが、日本での発売に関してはどうなるかは一切不明。

ただし、一応英単語の日本語翻訳はできるようになっているため、イタリアと同時に発売がアナウンスされる可能性は無きにしも非ず。すでに今年2月時点では日本の技適を取得していることが判明しており、サポートページの対応言語に一時的に「日本語」が追加される(該当ページは現在は削除済み)など気になる動きもあるため、「HomePod」に期待している方はお楽しみに。


以上が、昨今のリークから発表の可能性がある製品だ。ほとんどのメディアは「iPad Pro」「MacBook (13インチ)」「Mac mini」の発表は濃厚と捉えており、これら3製品の情報には特に注目しておきたいところ。

さらに、これらの製品以外にも各種Mac製品のプロセッサのアップグレードが発表予定と噂されている。これらの製品を持っている方は是非とも今のスペックと比較した上で、購入するかしないかをじっくり検討してみていただければと思う。

Appleの新製品発表イベントは日本時間10月30日23時から開始される。当日はライブストリーミングも行われる予定となっているため、詳細が気になる方はぜひ視聴していただければと思う。

ちなみに、当ブログではイベントの速報記事を掲載する予定なので、新情報に興味のある方は新着記事をチェックしていただければ幸いだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。