Appleのメディア向けスペシャルイベント、例年のアプリ表彰のみだった模様

現地時間12月2日に、Appleは複数のメディアを招待したスペシャルイベントを開催。同イベントは年間のベストアプリの表彰が行われることが明らかになっていたが、同時に新製品が登場することが期待されていた。

しかし、Bloombergの記者Mark Gurman氏によると、今回のスペシャルイベントでは新製品は何も発表されなかったことが判明。あくまで予告されていたようにベストアプリの表彰と、当該アプリのデモが実施されるだけに留まったという。

今回のイベントでは新製品の発表はなし

Mark Gurman氏によれば、2019年のベストアプリは米国時間12月3日に発表予定。日本では12月4日に公表されるとみられる。

ちなみに、今回のスペシャルイベントの開催と同時に発売が予想されていた新型Mac Proについては、再びいつ発売するのか不明な状況になってしまった。Appleは同デバイスと純正ディスプレイ 「Pro Display XDR」 を12月に発売することを告知しているが、具体的な発売日についてはまだ発表されていない。

関連記事
Apple、12月2日にアプリ・ゲーム中心のスペシャルイベントを開催 2019年のベストアプリとゲームを表彰予定

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。