Apple、「Apple Care+」 購入期限を最大1年間に延長 まずは北米から

現地時間8月17日、Appleは 「Apple Care+」 の購入期限を最大1年に延長する予定であることが米Bloombergの報道で明らかになった。これまでは製品購入後60日まで加入することができた同サービス、加入期間の延長によってApple製品をより安心して購入できるようになる。

北米で 「Apple Care+」 の購入期限が最大1年間に

「Apple Care+」 とは、Apple製品の保証期間を延長したり、修理費用を通常より安く済ませることができる有料サービス。たとえばiPhone 11 Proの画面を割ってしまった場合、通常であれば30,400円(税別)と高額な修理費用がかかるが、Apple Care+に加入していれば3,400円(税別)で修理することができる。

本来、「Apple Care+」 は月払いと一括払いの2種類から選ぶことができるが、購入から60日以上1年未満の期間で契約する場合は一括払いでの購入もしくはApple Card(Appleが発行するクレジットカード)での支払いが必要となる。

この延長は当初、米国とカナダのみで提供される予定で、日本など北米以外地域へのグローバル展開については現時点では不明。ただし、これまでも 「Apple Care+」 のサービス拡充は北米からスタートし、徐々に他地域でも展開されることが多かったため、日本でも近い将来同様の変更があるものとみられる。

ちなみに日本では今年7月に 「Apple Care+」 の月額支払いが可能になったばかり。それまでは製品購入後30日以内に一括で支払う必要があった。

関連記事
AppleCare+の月額支払いが日本・カナダ・オーストラリアでも利用可能に
iPhone SE レビュー | 第2世代になってもTouch IDは現役。安さが取り柄なんて言わせない

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。