Appleのフィットネスサブスク 「Fitness+」 提供国が21に拡大。日本はまだ対象外

9月14日、Appleは新製品発表イベント 「California streaming.」 を開催。同イベントにて、定額オンライントレーニングサービス 「Fitness+」 の提供国を21カ国に増やすと発表した。

新たに提供される国は、オーストリア、ブラジル、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、イタリア、マレーシア、メキシコ、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦の全15カ国。これらの国では2021年後半に同サービスが利用できるようになるとのこと。

「Fitness+」 提供国が今年後半に21カ国に拡大

「Fitness+」 は、Apple Watchを利用した定額オンライントレーニングサービス。著名なトレーナーを起用してApple Watchユーザーにトレーニングに最適な映像を提供することで、自宅でも手軽に本格的なトレーニングができるというものだ。

現在、同サービスは米国、カナダ、英国、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランドで利用可能だが、今秋からさらに上記15カ国でも提供が開始され、合計21カ国でサービスが利用できるようになる。提供コンテンツは英語に加えて6つの言語で字幕表示が可能になるとのことだ。

また、今秋から低負荷で体を整える 「ピラティス」 と、いつでもどこでもマインドフルネスを実践できるガイド付きの 「瞑想」 が導入されるほか、今秋以降にはiOS 15などの新OSで提供予定の 「SharePlay」 に対応し、最大32人でのワークアウトができるようになるとのこと。

ちなみに、今回の発表では日本国内でのサービス提供に関する案内は行われていない。国内で 「Fitness+」 を利用したい方は、もう少し待つ必要がありそうだ。

関連記事
「Apple Watch Series 7」 が正式発表。正式発表。新機能、スペックなどまとめ。発売は2021年秋後半

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 7
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。