Appleのフィットネスサブスク 「Fitness+」 、Apple Watchなしでも利用可能に。10月24日から

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは、定額オンライントレーニングサービス 「Fitness+」 をApple Watchなしでも利用できるようにする。

来週より配信される 「iOS 16.1」 から 「Fitness+」 は 「フィットネス」 アプリに完全に統合され、アプリ内の中央のタブから利用できるようになる。

「Fitness+」 は、Appleが提供する定額オンライントレーニングサービス。著名なトレーナーを起用したトレーニング用ビデオを提供することで、自宅でも手軽に本格的なトレーニングができるというものだ。利用するには、Apple Watchが必要だったが、今月24日からApple Watchを所有していないユーザーでもiPhoneだけで利用可能になる。

現在、「Fitness+」 はオーストラリア、オーストリア、ブラジル、カナダ、コロンビア、フランス、ドイツ、インドネシア、アイルランド、イタリア、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ポルトガル、ロシア、サウジアラビア、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦、英国、米国で利用可能。日本では利用できない。

月額料金は9.99ドル、または年間79.99ドルで、最大5人の家族と共有利用できる。なお、新たにiPhoneやiPad、Apple TVを購入したユーザーは「Fitness+」 を3ヶ月無料で利用できる。

関連記事
iPhone 14シリーズ全機種比較。性能カメラ・スペックなど各モデルの違いまとめ、オススメは?
iPhone 14 Pro レビュー。常時表示に対応した新モデル、カメラ性能やDynamic Islandなど詳しくチェックした

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。