Apple、Intel・ARM製プロセッサの脆弱性は「iOS 11.2」「macOS 10.13.2」でほぼ修正済みであることを公式発表

Appleは、Intel製とARM製プロセッサで指摘されている致命的欠陥による脆弱性問題「Meltdown」「Spectre」に対して、OSアップデートによる対策をすでに講じていることを正式発表したただし、まだ対策は完全なものではなく、数日から数週間以内に対応を完了することを明らかにしている。

脆弱性に対する対策について

Appleは現地時間1月4日、公式サイトにサポートページ「About speculative execution vulnerabilities in ARM-based and Intel CPUs」を公開した。同ページによると、「Meltdown」と「Spectre」はIntel製プロセッサとARM製プロセッサを搭載した端末と全てのOSに影響するという。

この問題は最悪の場合、悪意のあるアプリケーションにユーザーのID、パスワードなど重要なデータを盗まれたり、悪用される可能性が指摘されていたが、Appleの発表によると、現時点では同問題によってユーザーのデータが悪用されたケースは見つかっていないとのこと。

また、同脆弱性に関してはすでに「iOS 11.2」「macOS 10.13.2」「tvOS 10.2」で対策を講じており、アプリ間でデータが盗まれる可能性がある脆弱性「Spectre」に関しては、数日以内に対策を施すことを明らかにした。

プロセッサのパフォーマンス低下について

[ img via Thy Sok ]

これらの脆弱性はプロセッサのマイクロコード・アップデートによる修正は不可能。よって、OSのアップデートでのみ修正することが可能だが、脆弱性を修正した結果、プロセッサのパフォーマンスが低下する可能性が指摘されている。

有志によるパフォーマンスチェックの結果、幸いにも、Macの場合は著しいパフォーマンス低下は認められなかったとのことだったが、Appleもパフォーマンスについて言及しており、対策を講じる前と後のMacのパフォーマンスをチェックしたところ、大きな変化は見られなかったとしている(ベンチマークはGeekbench 4や各Webブラウザベンチマークを利用)。

また、iPhoneなどのiOSデバイスに関しても同様にパフォーマンスは変化しておらず、懸念されていた性能低下は特に心配する必要はないことが判明。

同脆弱性は、最新OSをインストールしていれば回避することができる。自身の端末にインストールされているOSのバージョンを今一度確認しておいたほうがいいだろう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。