Appleの地図機能「Flyover」が使える場所に新たに「静岡」と「長崎」を追加!

本日、Appleは日本の静岡と長崎を含めた世界の12地域が3D Flyoverに対応したことを発表!

Flyoverが対応している日本の都市は今まで「東京」「札幌」「小樽」の3箇所だったが、「静岡」「長崎」を追加したことで5箇所となった。

Flyover対応都市長崎 Flyover対応都市静岡市

その他に追加された都市は以下の通り
アンジェ (フランス)
カルカソンヌ (フランス)
フィレンツェ (イタリア)
ジェノバ (イタリア)
パヴィーア (イタリア)
シュトゥットガルト (ドイツ)
マンハイム (ドイツ)
ノイシュヴァンシュタイン城 (ドイツ)
メヒカリ (メキシコ)
ムルシア (スペイン)

やはり大都市の対応は時間がかかるのか、大阪や名古屋などの対応はまだ先のようだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。