Appleは折りたたみiPhoneを開発中か。ノッチがないiPhone 11に似たデザインを採用:著名リーカー言及

Appleは折りたたみ式iPhoneを開発しているという噂があるが、それはどうやら事実のようだ。

著名リーカーJon Prosser(@jon_prosser)氏は現地時間6月15日、Appleが折りたたみスマートフォンを開発中であることを自らのTwitterアカウントで示唆した。ただし、同リーカーによればこの折りたたみiPhoneは完全な折りたたみ式デザインを採用しているわけではないそうだ。詳細を以下でお伝えする。

Appleの折りたたみスマホはヒンジでつながった2枚のディスプレイで構成か

Jon Prosser氏によれば、Appleは折りたたみスマホのプロトタイプを作っている段階。ただし、Galaxy FoldやGalaxy Z Flipのように画面ごと折りたたむデザインではなく、ヒンジを挟んでふたつの画面が存在するデザインをテストしているという。

筐体はiPhone 11の側面のように丸みを帯びたステンレスエッジを採用しているとのこと。

また、iPhoneといえばU字型のノッチが特徴だが、折りたたみiPhoneの場合はディスプレイの外側(ベゼル部分)にFace ID用のTrueDepthカメラを内蔵することで、ノッチの搭載を回避することができるとしている。

Appleが折りたたみ式のiPhoneを開発しているという噂は一時存在したが、最近ではほとんど聞かなくなった。しかし、これまで正確なリーク情報を多数提供してきたJon Prosser氏が言及したということは、Appleが折りたたみiPhoneを開発しているのは本当なのだろう。

ちなみにふたつの画面を搭載していると言っても、2台のiPhoneが存在するということではなく、あくまで2つの画面で1つのデバイスであるとのこと。ディスプレイを広げることで、よりシームレスに見えるようなデザインであるとのことだ。イメージはLuc Richard氏が投稿した写真が近いという。

これらのツイートに対して、同じく著名リーカーのBen Geskin(@BenGeskin)氏は以下のジョーク画像を投稿している。

Jon Prosser氏によると発売は当分先の話であるとのこと。ここ1〜2年で発売することはなさそうだ。

関連記事
Appleはフォルダブルデバイスの開発を進めている?折りたたみ式のiPadは2021年、そのあと折りたたみ式iPhoneも発売か

[ img via LetsGoDigital ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。