Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ

現地時間6月22日、Appleは年次開発者会議 「WWDC20」 の基調講演をオンラインで実施。Mac向け独自開発SoC 「Apple Silicon(アップル シリコン)」 を発表した。

また、この 「Apple シリコン」 を搭載したMacを2020年末に発売しはじめること、そして今後2年間ですべてのMacに 「Apple シリコン」 を導入する計画であることを明らかにした。

初のARM版Macは2020年末に発売予定

「Apple シリコン」 とは、Appleが独自開発したARMベースプロセッサ。iPhoneやiPad、Apple Watchに搭載されているAシリーズプロセッサ (たとえばA12 Bionicなど) と同様のアーキテクチャを使用することで、これらのデバイスとの親和性を高めながら、同時にMacに最適な形の低電力および高パフォーマンスを引き出すことが可能。

アーキテクチャが変わることでアプリの動作に懸念を覚える人もいるかもしれないが、その点は心配無用。Appleはすべての自社アプリを次期macOSの 「macOS 11 Big Sur」 で対応させる。さらに、AdobeやMicrosoftといった大手IT企業のアプリもすでにARM版Macへの対応に動いているという。

Intel Mac向けのアプリを動作させるための機能として 「Rosetta 2」 が提供される。インストール時にバイナリを自動変換することで動作が可能だ。

また、アプリ開発者向けに 「Universal 2」 が提供される。これを利用することで、Intelプロセッサ内蔵モデルおよび 「Apple Silicon」 内蔵モデルのどちらのMacでもアプリが動作させられるという。

「Apple Silicon」 を搭載したMacは、iPhoneやiPad向けに配信されているアプリ・ゲームアプリを動作させることが可能だ。ちなみに内蔵GPUにAppleが内製を行うため、高グラフィック性能を必要とするアプリケーションもスムーズに動作するとしている。

Apple Silicon搭載Macは2020年末に発売予定。また今後2年間が移行期間として設定されていて、それまでにすべてのMacがApple Silicon搭載モデルに置き換えられる予定。移行期間中は従来どおりIntelプロセッサを搭載したMacも発売されるとしている。

また開発者向けにA12Zを搭載したMac mini (デベロッパーキット) が提供されるとしている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。