Apple、3月のゲーム開発者向けイベント「GDC2018」でARKitのデモを公開へ

2018年3月に、米カリフォルニアのモスコーンセンターで開催される世界最大規模のゲーム開発者イベント「Game Developers Conference 2018(GDC 2018)」に、Appleが初めて参加することがわかった。

Appleは同イベント内で、ARKitを詳しく紹介するプレゼンテーション「AppleのARKitの紹介:ベストプラクティスと最新のアップデート」を実施する。

プレゼンテーションでは、ARKitフレームワークと、ARKit APIのコア概念について説明する予定であるとのこと。

「GDC2018」にAppleが初めて参加 ARKitの開発者向けセッションを開催

AppleはこれまでGDCで開発者向けセッションを開催したことはなかったが、多くのゲーム開発者にARKitを知ってもらうことで、良質なARゲームをiOS向けに提供してもらいたい、という考えがあるのかもしれない。

ARKitは、2017年9月にリリースされた「iOS 11」で初めて導入され、ポケモンGOなどの多くのアプリに導入されてきた。ただし、ARKitを活用した大型タイトルはまだまだ少なく、あくまでアプリ内のオマケ機能程度としてだけ利用されているのが現状。

ただし、今年春にリリースされる「iOS 11.3」では、ARKitもバージョンが1.5になり、より自由度が増している。これらを開発者に紹介すれば、より興味を持ってもらえる可能性は高い。

「GDC2018」は、2018年3月19日から23日までの3日間で、サンフランシスコのモスコーンセンターで開催される予定。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。