Apple、ゴールドマン・サックスと共に「Apple Pay クレジットカード」提供開始か 英バークレイズとの提携解消の可能性

Appleは英Barclays(バークレイズ)との提携を終了し、新しいパートナーと共に金融ビジネスを始める可能性があるようだ。

The Wall Street Journalによると、Appleは米金融大手のGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス、以下GS)と新たなパートナーシップを締結し、「Apple Pay クレジットカード」の提供を開始する計画であると伝えている。

ゴールドマン・サックスと提携し「Apple Pay クレジットカード」の提供を開始か

AppleとGSは、新しい「Apple Pay」ブランドのクレジットカードを準備しているようだ。同カードは早ければ2019年初頭にはサービスインとなる可能性があるとのこと。

ゴールドマンは米国で幅広い金融サービスを提供している会社だが、意外にもクレジットカード事業を営んだ経験はない。よって、Appleとの提携で行う同事業は、GSにとって初めての試みとなる可能性が高い。

今月8日(現地時間)には、Bloombergによってクレジットカード事業への進出が報じられており、これについてゴールドマンのCFOマーティ・チャベス氏は、「市場シェアを十分に得ることができなくとも、十分なリターン(利益)が期待できる道を探す」と話していた。その方法については明らかにしていなかったが、もしかすると、その”道”はAppleとの協業のことだったのかもしれない。

Apple-Pay

ちなみに、Appleはこれまで英バークレイズとの提携で、「Barclaycard Visa with Apple Rewards(Apple Credit Card)」と呼ばれるクレジットカードを発行してきた。

このカードは「Apple Pay」が利用できただけではなく、「Apple Rewards」というポイントプログラムを提供しており、Apple Storeでの買い物は1ドルにつき3ポイント、レストランでの食事は1ドルにつき2ポイント、そのほかの支払いに対しては1ドルにつき1ポイントを付与していた。

このポイントが2,500ポイントに達すると、25ドル分のApple Storeギフトカードを貰うことができていた。

しかし、GSとの提携で新サービスを開始することになった場合、AppleはBarclaysとの提携を終了する可能性があるとのこと。

つまり、「Apple Rewards」などのプログラムを終了する可能性があるということでもあるが、市場関係者の間では、同サービスはGSとのパートナーシップの元でも継続されるとみられているようだ。

また、Apple StoreでのショッピングローンもBarclaysが提供していたため、同ローンサービスの提供元もGSに変更になる可能性がある。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。