AppleとGoogle、新型コロナ対策で協力 スマホのBluetooth技術で濃厚接触を検出

現地時間4月10日、AppleとGoogleはCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の対策のため技術協力を行うことを発表した。今年5月から、スマートフォンを活用して感染者との濃厚接触の可能性を検出できるようになるという。

Apple and Google partner on COVID-19 contact tracing technology – Apple

Apple and Google partner on COVID-19 contact tracing technology

スマートフォンで濃厚接触を検出可能に

両社の協力は、それぞれのスマートフォンを活用して感染者との濃厚接触を知ることができるようにするためのもの。

まずは今年5月に、iOSとAndroidの間で感染者の移動経路を記録・共有できるAPIがリリースされる。これを公衆衛生当局が自らの公式アプリにビルトインすることで、同アプリを利用するユーザーは感染者に近づき濃厚接触をしたかどうかが分かるようになる。

濃厚接触の検出や追跡は、無線技術Bluetoothを利用して行う。COVID-19(新型コロナウイルス感染症) の検査で陽性反応が出たユーザーはアプリに自らが感染したことを入力。これを行うことで過去数日間に同ユーザーが移動した経路に居合わせたユーザーに通知が届くようになっている。

さらにAppleとGoogleは今後数ヶ月をかけて、それぞれの基盤となるプラットフォームに同機能を組み込む。公衆衛生当局のアプリをインストールせずとも利用できるようになるため、より広範なユーザーに同機能が行き渡るようになる。

同機能はユーザーの居場所や移動経路など様々な個人情報を自動取得してしまうものになるが、個人の特定はできないなどプライバシーにはしっかりと配慮されているため安全性は確保されているという。ユーザー側には許可が求められ、無断で動作することもない。

また、この取組みを第三者が分析できるように取得したデータについては公開を行うとも発表している。

関連記事
Apple、COVID-19のスクリーニングツールを米国で提供開始
Appleが新型コロナ対策にフェイスシールド開発。医療機関に向けて提供開始 マスクも2,000万枚を調達

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。