Apple、「オリジナルのグリーティングカードを作ろう。」 提供開始。自分だけのグリーティングカードをKeynoteで作ってみよう

現地時間11月9日、Appleは同社公式サイトでホリデーシーズン向けギフト特集ページ 「みんなに最新のメリークリスマスを。」 を公開するとともに、無料講座であるToday at Appleのホリデー向けプログラム 「オリジナルのグリーティングカードを作ろう。」 の提供を開始した。

Appleがホリデー向けプログラム 「オリジナルのグリーティングカードを作ろう。」 を提供開始

同プログラムは、ホリデーシーズンに大切な人に贈るグリーティングカードを自分自身の手で作るためのデジタルキットを配布するというもの。

Apple公式サイトの特集ページ 「みんなに最新のメリークリスマスを。」 から、Keynoteで作成できる雛形をダウンロードすることで、グリーティングカードを自作することができる。

また、世界中のApple Storeで働くクリエイティブスタッフから、特徴的なグリーティングカードを作るコツを伝えるヒントも同梱されている。これらのヒントを見ながら、ぜひオリジナルのグリーティングカードを制作してみよう。

関連記事
Apple、クリスマスギフト特集ページ 「みんなに最新のメリークリスマスを。」 公開
Apple、ホリデーシーズンに向け返品期間を延長。11月1日以降に受け取った商品は2022年1月20日まで返品可能に

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。