AppleのAR/VRヘッドセットにソニー製HMD向けディスプレイが採用か

AppleはAR・VRヘッドセットを独自に開発していると噂されている。これまでの情報ではAR・VRが利用できるヘッドセットが2021〜2022年、ARメガネ(ARグラス)が2022〜2023年に登場するとの予想が濃厚だ。

このうち2021〜22年に登場予定のAR・VRヘッドセットには、ソニーが開発したHMD向け有機ELディスプレイが搭載される方針であることがわかった。今月19日、日刊工業新聞が伝えた。

AppleのHMDにソニー製ディスプレイが採用か

日刊工業新聞によると、Appleは2021年に発売予定のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に、ソニーの有機ELパネルを使用したマイクロディスプレイを採用する計画。高画質・小型・軽量が特徴で、デジタルカメラのファインダー向けとして実績のあるものだという。AppleのHMDはディスプレイに表示した映像を、光学技術を使って目の前のレンズに投射する仕組みが採用されているとのことだ。

Appleが開発するHMD(ヘッドマウントディスプレイ) は、すでにiOSの中から存在が確認されていることから、同社が独自のヘッドセット開発に取り組んでいることは明らか。どのようなデザイン・用途を計画しているのかは不明ながら、Appleがゲームや映像関係に力を入れている現状を踏まえると本格的な映画や高品質なゲームなど映像体験ができるプロダクトになる可能性がある。

ちなみに日刊工業新聞によれば、Appleは同ヘッドセットが年間数千台売れると見込んでいるとのこと。そのため、ソニーがディスプレイの生産施設の増強を行う必要が出てくる可能性についても言及されている。

関連記事
Apple Glassは2021年に発売か。少量生産が2021年前半に開始との情報
AppleのARグラス 「Apple Glass」、価格は499ドルから 発表は早くて2020年Q4、発売は2021年Q1~2022年Q2

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。