Apple、ホリデーシーズンに向け返品期間を延長。11月1日以降に受け取った商品は2022年1月20日まで返品可能に

これからのホリデーシーズン中、Apple公式サイトでApple製品を購入しようと思っている方は必ずチェックを。

11月2日、Appleは同社公式サイトで購入した商品の返品可能期間を、通常の14日以内から、「2022年1月20日まで」 に延長すると発表した。

ホリデーシーズンに向けて返品可能期間が2022年1月20日まで延長

これは、毎年この時期だけに実施されるホリデーシーズン向けの返品ルール。通常、Apple公式サイトで購入した製品は購入から14日以内であれば返品することが可能だが、ホリデーシーズンに限っては例年、14日より長い返品期間が設定されることになっている。

今年は2021年11月1日から2022年1月6日の間に受け取った製品は、2022年1月20日まで返品依頼をすることが可能。忙しい年末年始にバタバタと手続きをしなくても、安心して製品を返品することができる。

せっかく購入したが自分の使い方に合わなかった、カラーがイマイチ、サイズが悪かった…などなど、製品を使ってみて初めて気づくこともあるはず。そういったときには遠慮せず、Apple公式サイトから返品を依頼するようにしよう。返品の手続き方法については、こちらのページを参考にしていただければと思う。

関連記事
MacBook Pro 2021 レビュー (14インチ, M1 Pro) | まさにモンスター、真のプロのためのラップトップ決定版
【2021年最新比較】MacBook AirとMacBook Proの性能・違いを一挙比較。オススメはどのモデル?
iPad 2021 全モデルの性能・違いを比較。iPad Pro・iPad Air・iPad mini・無印iPad、あなたにオススメはどのモデル?

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。