Apple、キーボタンがない「ForceTouchキーボード」を開発中

先日、新型iMacの発売と同時に発表された「Magic Keyboard」、もう既に使っている人も結構いるだろう。だが、Appleはさらに未来のデバイスの開発に既に着手しているとのこと。

Force Touchを導入した新しいキーボード

Appleは「キーボードにForce Touchを導入する技術」の特許を申請していることが米国特許商標庁(USPTO)により明らかになった。

Forcetouch-to-keyboard1

今回Appleが申請している特許技術は、キーボタンの下にForceTouchセンサーを導入することでそれぞれのキーの押す力を検知することが可能になる。そして、ユーザーが指で押した箇所のアクチュエーターが、触覚フィードバックを与えることで実現するものになるようだ。

Forcetouch-to-keyboard2

Magic KeyboardやMacbookが薄型化

Appleが開発する未来のキーボードは従来のキーボードのように「キーボタン」が存在せず、真っ平らなキーボードになるとのこと。

外見イメージとしてはMacの周辺機器である「Magic Trackpad」のようなものになるのではと予想されており、さらにキーボタンが不要になるため、Magic KeyboardやMacBookの薄型化に一役買う可能性がある。

[ via Apple Insider ]

Forcetouch-to-keyboard1
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう