Appleが電気自動車の開発を開始!

WSJによると、Appleは電気自動車(EV)の開発を開始、2019年に出荷を目指すとのこと。
Apple内のプロジェクトの名前は「タイタン」。同プロジェクトは現在600人で構成されているが、これを3倍増にすることを許可したとのこと。

AppleCar
(画像はイメージ)

先月、Appleはアメリカの電気自動車メーカー「テスラ・モーターズ」のエンジニアを6人以上雇用したというニュースもあり、自社で自動車の研究開発が進められていると報道されている。
さらについ先日、AppleのCEOであるティムクック氏がアメリカのテレビ局CBCに出演した際に自動運転車のことについて聞かれていたが、クック氏は言及はせず言葉を濁して終わっていた。だが、その前にUBERのCEOトラビス・カラニックが「Appleの自動運転車の開発を既に始めている」と明らかにしたこともあり、今回の話もとても現実味がある話である。
関連記事:Apple CEOティム・クックがテレビでジョブズについて語る!

すでにAppleは、カーナビOS「CarPlay」を発表、一部の車やカーナビには導入されていたが、自動車の制作については一度も発表されたことはない。今回の件に関して、Appleから発表やコメント等は出ていない。

AppleのCarPlay

Appleが自動運転車の開発を開始していることはほぼ確実だと言っていいのかもしれない。実際に市場に投入されるようになるのは何年後になるのか注目だ。

CarPlayとはAppleが開発したカーナビOS。Siriや車載ディスプレイを使ってiPhone内の地図やメッセージ、音楽、動画等を操作することができる。

AppleCar
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう