Apple、WWDC 2019の基調講演の招待状を各メディアに配布

現地時間5月22日、Appleは開発者向けイベント 「WWDC 2019」 のオープニングを飾る基調講演の招待状を各メディア向けに配布したことが明らかになった。

基調講演は米カリフォルニア州サンノゼにある 「McEnery Convention Center」 で、現地時間6月3日(月)午前10時から、日本時間では6月4日(火)午前2時から開始される予定だ。

WWDC 2019の基調講演で次期OSなどが発表予定

基調講演は、例年通りであれば次期OSの 「iOS 13」 や 「macOS 10.15」 、「watchOS 6」 、「tvOS 13」 が発表される予定。さらに新製品として、新型Mac ProやApple純正ディスプレイが同時に発表されるとも噂されている。

「iOS 13」 に関しては、昨年の段階で導入が検討されていたものの、開発方針の変更により導入を先送りにしていた機能を含む新機能が多数追加される大型アップデートになる予定。以前から多くのユーザーが期待している 「ダークモード」 の追加も噂にあがっている。

また、iPadを外部ディスプレイとして利用できる機能が追加されるほか、Healthアプリやリマインダーアプリの刷新の噂もあり、これまでサードパーティーアプリに頼っていた機能を純正アプリだけで完結できるようになるかもしれない。

そのほか、「macOS 10.15」 や 「watchOS 6」 「tvOS 13」 に関しても複数のアップデートが予定されているものとみられている。

「WWDC 2019」 の基調講演は日本時間6月4日(火)午前2時から開始予定。当日はライブ配信が行われる予定で、iPhone、iPadまたはApple TVのWWDCアプリから、あるいは公式サイトから視聴が可能だ。次期OSや新製品の情報をいち早く知りたい方はぜひ視聴しよう。

関連記事
次期Mac Proと純正ディスプレイは「WWDC 2019」で発表か 次期iOSやmacOSは大幅アップデートを予定
有志作成の「WWDC 2019」 壁紙が公開 iPhone、iPad、Macで利用可能
iOSアプリとmacOSアプリのクロスプラットフォーム化、「WWDC 2019」 で詳細判明か 2021年までに3段階で実現、開発者にはSDK配布
Apple、「WWDC 2019」 開催を正式発表 2019年6月3日~7日の5日間

iPad mini Wi-Fi 64GB - シルバー (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 1,030
10.5インチ iPad Air Wi-Fi 64GB - スペースグレイ (最新モデル)
Apple(アップル) (2019-03-28)
売り上げランキング: 375
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。