iPadOS 16は 「iPadOS 16.1」 がファーストローンチに。「iOS 16」 に遅れてリリースされる形に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

今秋リリース予定の 「iPadOS 16」 は、「iOS 16」 とは同時に配信されず、遅れて配信される予定であることが正式に発表された。

米テックメディアTechCrunchを通じて、Appleは 「iPadOS 16」 は 「iOS 16」 から遅れる形で配信される予定であるとの声明を発表。ファーストローンチのバージョンは 「iPadOS 16」 ではなく「iPadOS 16.1」 としてリリースされるようだ。

また、本日開発者向けに配信された 「iPadOS 16 beta 7」 が、「iPadOS 16.1」 の最初のベータ版になっているとのことだ。

iPadOS 16は 「iPadOS 16.1」 がファーストローンチのバージョンに

iOSとiPadOSは基本的に同じタイミングで同じ機能を実装するため、同時にソフトウェアアップデートが提供される傾向にあるものの、今年はiOSとiPadOSで機能的に大きな違いが設けられる予定であることから、アップデートのリリース時期に違いが生まれたものと予想される。

こうしたリリース時期に違いが生まれることは珍しいケースではあるものの、過去には何度も同様のケースがあったことから決して異例の対応というわけではなく、Appleは開発状況を見て柔軟にリリース時期も見定めているのだろう。

「iPadOS 16」 は、WWDC22で発表され、今秋リリース予定の次期iPadOS。各種アプリのデザインが使いやすく刷新されるほか、ひとつのホワイトボードを複数人で共有する 「共同作業アプリ」 などの追加により、従来よりも共同作業がしやすくなっている。

最大の特徴は、Macでのマルチタスクがより快適になる 「ステージマネージャ」 機能が追加されること。ユーザーが開いているアプリを自動で整理し、作業中のアプリを画面中央に、それ以外のアプリを左側に並べて収納することで、各アプリの切り替えがスムーズにできる。

作業中のアプリはウインドウサイズを自由に変更でき、複数のアプリをグループ化することもできる。各アプリ間でのドラッグ&ドロップも利用可能だ。

画面左に収納されたアプリはサムネイルで表示されており、別のアプリへスムーズに切り替えられる。グループ化されたアプリを使って作業していた場合は、各ウインドウの位置が記憶されるため、アプリを切り替えるだけでユーザーが作業しやすいレイアウトを一瞬で構築できるようになっている。

さらに、12.9インチiPad Proをリファレンスモニターとして活用できる機能のほか、天気アプリが提供されたり、外部ディスプレイをフルサポートするなど多くの新機能・変更がもたらされる。新機能のまとめは以下の記事から確認できる。気になる方は是非チェックいただきたい。

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。