次世代「iPhone」はタッチレスコントロールと曲面ディスプレイが搭載か

iPhoneは将来的にタッチレスコントロールや曲面ディスプレイが搭載される可能性があるようだ。

4月4日、米メディアのBloombergは、Appleが次世代のiPhone向けにタッチレスコントロールと曲面ディスプレイを開発していると報じている。

次世代iPhoneはタッチレスコントロールが可能に?曲面ディスプレイの開発も進行中

今回噂されている「タッチレスコントロール」機能は、実際にiPhoneに触ることなく操作することのできる技術。ディスプレイの近くに指をかざすことで、デバイスを操作することができると予想される。

同機能が搭載されるのは、早くて2020年。まだ開発の初期段階で、開発の状況によっては実現しない可能性もあるとのことだ。

また、Bloombergによると、曲面ディスプレイを搭載したiPhoneが開発中であるとのこと。この曲面ディスプレイは、上から下に向かって徐々に内向きにカーブした形状。現行iPhoneの両サイドが若干丸みがかったディスプレイとは異なるようだ。

この曲面ディスプレイの実現は早くて2年。時期としては2020年以降ということになるだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。