「Pages」 「Numbers」 「Keynote」 アプリがアップデート。図形、イメージ、テキストボックスなどのオブジェクトから各種リンクできるように

現地時間6月1日、AppleはiWorkアプリ 「Pages」 「Keynote」 「Numbers」 の最新アップデートとなるバージョン11.1をiOS、iPadOS、macOS向けに配信開始した。

iWorkアプリ 「Pages」 「Keynote」 「Numbers」 のバージョン11.1がリリース

今回のアップデートでは、図形、線、イメージ、描画、テキストボックスなどのオブジェクトから、Webページ、メールアドレス、電話番号にリンクできるようになったほか、スクールワークアプリを使用して、Pagesでアクティビティを割り当てた教師は単語数や費やされた時間などの生徒の進捗状況を表示できるようになっている。

以下、各アプリのリリースノート。

iWork for iOS

Pages バージョン11.1

  • 図形、線、イメージ、描画、テキストボックスなどのオブジェクトから、Webページ、メールアドレス、電話番号にリンクできます。
  • “スクールワーク” Appを使用してPagesでアクティビティを割り当てた教師は、単語数や費やされた時間などの生徒の進捗状況を表示できるようになりました。

Keynote バージョン11.1

  • “スクールワーク” Appを使用してKeynoteでアクティビティを割り当てた教師は、単語数や費やされた時間などの生徒の進捗状況を表示できるようになりました。

Numbers バージョン11.1

  • 図形、線、イメージ、描画、テキストボックスなどのオブジェクトから、Webページ、メールアドレス、電話番号にリンクできます。
  • “スクールワーク” Appを使用してNumbersでアクティビティを割り当てた教師は、単語数や費やされた時間などの生徒の進捗状況を表示できるようになりました。
  • 共有スプレッドシートでのフォームの共同制作に対応しました。
iWork for Mac

Pages バージョン11.1

  • 図形、線、イメージ、描画、テキストボックスなどのオブジェクトから、Webページ、メールアドレス、電話番号にリンクできます。

Keynote バージョン11.1

  • このアップデートには、安定性およびパフォーマンスの向上が含まれます。

Numbers バージョン11.1

  • 図形、線、イメージ、描画、テキストボックスなどのオブジェクトから、Webページ、メールアドレス、電話番号にリンクできます。

アップデートはApp Store、Mac App Storeから可能だ。各アプリのアップデートはぜひ以下のリンクを活用いただきたい。

iWork for iOS

iWork for Mac

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。