Apple、「homeOS」 をWWDC21で発表?HomePod用ソフトウェアの名称か

iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOS……。Appleは多数のOSを各製品向けに開発している。このOSファミリーに新たに 「homeOS」 が加わるかもしれない。

現地時間6月2日、米Apple系メディアMacRumorsは 「homeOS」 という新しいOS名を求人情報から発見した開発者Javier Lacor氏のツイートを紹介した。

AppleのOSファミリーに 「homeOS」 が追加か

Javier Lacor氏が発見したのは、Apple Musicの開発チームに関する求人情報。

求人情報のなかには、「homeOS」 という単語が2回出てくる。「homeOS」 が何のためのOSか記載はないため詳細は不明なものの、iOSやwatchOS、tvOSと同列と扱われていることから、単独のOSとして開発されているようであること、さらにiOSやwatchOS、tvOSとの連携に関する記載があることを踏まえると、HomePodシリーズに搭載されるOSである可能性がありそうだ。

現行、HomePodには 「HomePodソフトウェア」 というソフトウェアが提供されていて、同ソフトウェアをアップデートすることで新機能を実装できている。このHomePodソフトウェアはtvOSの亜種として開発されたことが有名だが、近い将来、HomePodソフトウェアではなく 「homeOS」 という固有のOSの名称が与えられるのかもしれない。

HomePodのファームウェアにはiOSのような名称はあてがわれていない

ちなみにMacRumorsは、今回の情報を踏まえ、homeOSは来週8日に開幕となる開発者会議 「WWDC21」 にて発表される可能性を指摘している。今年のWWDCは新OSがお披露目になる可能性がありそうだ。

関連記事
HomePod mini レビュー | ソフトボールサイズなのに信じられないほど良質な音。自宅の音楽環境を手軽アップグレード

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。