噂の「Apple 川崎」、2019年夏もしくは秋にオープンか

神奈川県初のApple Storeが近いうちに誕生すると噂されたのは今年の3月。それ以降、日本には 「Apple 新宿」 「Apple 京都」 「Apple 渋谷」と3つのApple Store(リニューアル含む)が誕生したが、まだ神奈川県初のApple Storeは誕生していない。

神奈川県初のApple Storeの場所については、Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)が川崎市にある大型ショッピング施設 「ラゾーナ川崎」 を予想していたが、その予定地とみられるエリアに動きがあったようだ。Macお宝鑑定団Blog(羅針盤)が伝えた。

「Apple 川崎」 予定地で工事が本格的に開始か

同ブログによると、今年3月時点で設置されていた工事のための仮囲いが、2018年12月時点で黒い壁面に変更されているという。また、壁面と壁面との間も完全に目張りされており、本格的に工事が開始された可能性を指摘している。

まだ、Apple 川崎が誕生すると決まったわけではないが、もし本当だったら、オープンするのはいつ頃だろうか。

2018年に誕生したApple Storeの新規店舗を参考に考えると、工事開始からオープンまで1年弱かかっていたため、「Apple 川崎」 は2019年夏から秋頃に誕生するのではないか、というのがMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)の予想だ。

ちなみに、同ブログは 「Apple 川崎」 の建設が予想されるラゾーナ川崎の一角は、仮囲いが外にやや飛び出した形状になっているため、ガラス壁が張り出したデザインになることを予想している。ラゾーナ川崎は多数の店舗が並ぶショッピング施設だが、Apple Storeは他の店舗とは店構えが異なる特別仕様となりそうだ。

Appleは「Apple 渋谷」オープンの際、新しいApple Storeがさらに誕生することを発表している。時期は2019年内で場所は不明ながら、これまでの噂では「Apple 川崎」のほか、「Apple 福岡天神」のリニューアル「Apple 東京」の新設、さらに「Apple 札幌」の復活などが予想されている。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。