【フォトレポート】「Apple 川崎」がラゾーナ川崎プラザ内にオープン。神奈川&ショッピング施設内で初のApple Store

2019年12月14日、「Apple 川崎」 がついにグランドオープンを迎えた。同ストアは国内10店舗目にして、神奈川県内初のApple Store。また立地も 「ラゾーナ川崎プラザ」 内で、ショッピング施設への出店も国内初となる。

そんなダブルで 「初」 な新しいApple Storeのオプニングセレモニーに参加できたため、当記事ではセレモニーの様子をフォトレポートという形でお伝えしようと思う。スタッフの方から聞いた同ストアに関する雑学や、記念品としてもらったノベルティについても少し詳しく紹介したい。

神奈川県初のApple Storeが12月の寒空の下でオープン

前述のとおり、今回新たにオープンした 「Apple 川崎」 は、国内初となるショッピングモール内に立地する店舗だ。神奈川県川崎市にある 「ラゾーナ川崎プラザ」 のルーファ広場に面し、ラゾーナ川崎プラザに来ると真っ先に目に入る好ロケーション。ショッピングに来た購入意欲旺盛なお客さんが、前から気になっていたApple製品をついチラ見したくなるような店舗になっている。

店舗デザインは、現在のApple Storeのスタイルである 「タウンスクウェア」 を採用。広場とガラス1枚で仕切るだけなので、ルーファ広場との高い一体感が特徴的だ。

実際に訪れてみると 「Apple 川崎」 はラゾーナ川崎プラザにうまく溶け込み、従来のApple Storeのような存在感を放つものではない。これはお客さんが気兼ねなく店内に入れるようにする工夫だ。

オープニングセレモニーには1,700名以上(当サイト推計)のお客さんが詰めかけ、長蛇の列を形成。先頭付近の人は前日お昼すぎ頃から並びはじめたとのこと。それだけ 「Apple 川崎」 への期待が大きかったのかもしれない。

筆者は当日朝5時頃に待機列に加わり、先頭から数えて50名ほどの位置に並ぶことができたため、オープンとほぼ同時に入店することができた。ハイテンションなカウントダウンとともに、店舗スタッフの方々と恒例のハイタッチをしながら入店した。

入店すると真っ先に前に入っているのは、大きなスクリーン 「ビデオウォール」 。これは 「Apple 表参道」 に導入された最新式のもので、6Kの圧倒的な高解像度で映像を表示することが可能だ。

このビデオウォールは普段は製品映像が流されているが、1日に何度かは 「Today at Apple」 という無料講座のために使用される。ビデオウォール前にはフォーラムという椅子とボールで構成された椅子が用意されており、ここに座って講座を楽しむことができる。

もちろん、この椅子はいつでも誰でも利用することが可能。ラゾーナ川崎プラザでのショッピングが疲れたら、この椅子に座って休んだり、iPhoneを使って調べごとをすることもできる。

ビデオウォールの前には複数のテーブルが用意されており、iPhoneやMac、iPad、Apple WatchなどAppleの主力製品が展示されている。最新iPhoneのカラーリングを購入前にチェックすることもできる。

Apple Watch Editionの取扱あり。ただしApple Watch Hermèsは取扱なし

壁面にはApple TVやHomePodなどの準主力級の製品が並ぶほか、iPhoneケースやBeatsのイヤホン・ヘッドホンなど各種アクセサリが展示されている。すべての製品とはいかないが、iPhoneケースなど多くの製品はほぼすべて実際に手にとって確かめることができる。

Powerbeats Proの展示も

ちなみに 「Apple 川崎」 のオープン当日は、人気すぎて品薄となっている 「AirPods Pro」 の在庫が用意されていたこともあり、同製品を求めて第2の待機列が店舗内に形成されていた。

店舗デザインは 「Apple 新宿」 にやや似ているが、「Apple 新宿」 に加えて少しだけ店舗面積が広いためゆっくりと買い物をすることができる。残念ながら同ストア独自の特徴(Apple丸の内の竹林やApple福岡の中庭など)はほとんどないものの、最近のApple Storeのトレンドを採用したとてもベーシックな作りで、スタッフの方々も明るく元気。さらに日本語だけでなく全13か国語に対応しているため、他のストアと同じくらい誰でも楽しめる店舗になっている。

ちなみにここで店舗スタッフの方から聞いたマニアックな雑学。「Apple 川崎」 のフロアはルーファ広場とわずかに高低差があるとのこと。本来であればわずかな段差ができるはずだが、Apple 川崎の入り口には気づかないくらいのゆるいスロープが設けられており、車椅子でもスムーズに入店することができる。入り口の脇をよく見ると、ルーファ広場との高低差を確認することができる。

また、店舗スタッフはほぼ半数が他店舗から移ってきた人とのこと。他ストアで会ったスタッフの人が知らないうちに 「Apple 川崎」 に移動しているかもしれない。

今回のオープニングセレモニーでは新店舗恒例のノベルティが配布された。ノベルティはトートバッグとピンズ、ステッカーの3つ。

トートバッグが配られたのは 「Apple 丸の内」 や 「Apple 福岡」 に続いて3回目だが、今回のバッグは高密度ポリエチレン不織布を使用したものではなく綿を使用したものになっていた。手触りはややゴワゴワしているものの、通気性に優れ涼しげに見えるため、湿気が多い夏など季節を問わず使うことが可能だ。

ストア情報

改めて、今回オープンした 「Apple 川崎」 のストア情報を紹介しよう。

Apple 川崎
住所・電話番号 営業時間
〒212-8576
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1
ラゾーナ川崎プラザ 2F

TEL:044-577-5100

月曜日〜日曜日
10:00 a.m. 〜 9:00 p.m.

「Apple 川崎」 は、JR川崎駅直結の大型商業施設 「ラゾーナ川崎プラザ」 2Fのルーファ広場前にオープンした。営業時間は毎日10時から21時までだ。

川崎周辺にお住まいの方でApple Storeに用事がある際にはぜひ 「Apple 川崎」 へどうぞ。

関連記事
【フォトレポート】「Apple 渋谷」 リニューアルオープン初日を振り返る 手で触れるAppleロゴや新展示が特徴の生まれ変わった新ストア
【フォトレポート】「Apple 京都」 オープン初日レポート 「和」を取り入れた新デザインが採用された京都初のApple Store
【フォトレポート】「Apple 新宿」オープン初日の様子をレポート 「体験」を重視した新店舗デザインを採用

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。