新しいApple Storeは「Apple 京都」で確定 App Storeの「Today」に店舗ロゴが掲載

Appleが予告していた新Apple Storeは京都で確定だ。

8月14日、App Storeの「Today」に、「京都生まれのゲームたち」というセクションが掲載されているが、同セクションには「Apple 京都」の店舗ロゴが採用されている。

スクリーンショットは以下。

「京都生まれのゲームたち」は、京都の会社やデベロッパーたちが開発したアプリやゲームがリストアップされており、京都に本社のある任天堂の名アプリ「スーパーマリオラン」や「どうぶつの森 ポケットキャンプ」など多数のアプリがズラリと並ぶ。

そして、このセクションのアイキャッチ画像には「Apple 京都」のロゴが掲載されている。今年3月にAppleが年内に3つの店舗を新設すると予告していたが、今回のロゴは当時公開されていた店舗デザインと一致。今年4月にオープンした「Apple 新宿」と同じように、Appleのリンゴマークとともに「京都」の文字が。今回は竹を使った和風デザインになるようだ。

公開された3つのロゴのうち、左下が「Apple 京都」のものと予想されていた

まだ「Apple 京都」の場所やオープン日は発表されていないが、場所に関しては京都ゼロゲートであることが明らかになっている。すでに工事が進められており、ビル前には布で隠されたAppleのロゴがすでに設置されていることが報告されている。

App Storeで店舗ロゴが掲載されたということは近いうちに店舗オープンの予告が行われるとみられる。

参考までに「Apple 新宿」のオープンの際は発表が3月19日で、実際のオープンは4月7日と、19日の間があった。

このことから、仮に「Apple 京都」が本日あたりに正式発表された場合、オープン日は9月1日になる可能性が高い。まだどうなるかは分からないが、オープン記念のノベルティが欲しい方は同日は予定を空けておいた方がよさそうだ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。