Apple、「Logic Pro X 10.5」 配信開始 史上最大のアップデートで大幅な機能強化

現地時間5月12日、Appleは音楽制作ソフト 「Logic Pro X 10.5」 の配信を開始した。アップデート規模は発売以降最大のものになっており、大幅な機能強化が図られている。

Logic Pro Xの最新アップデート 「バージョン10.5」 が配信開始

「Logic Pro X 10.5」 では、Live Loops、サンプラー、Quick Samplerなどの新機能が追加されている。

Live LoopsについてはiOS版Garage Bandにも実装されている機能。Logic ProでMacに同機能を導入したことで固定の順番にとらわれず自由なやり方で音楽を作れるようになった。

新たに用意されたグリッド内にループ、サンプル、既存の録音を配置し、ここで思い付くままに様々なアレンジのアイディアを演奏してタイムラインに取り込む。取り込んだトラックはLogicのプロ仕様の編集機能をフルに活用して洗練させていくことができる。

サンプラーは、業界標準のサンプラーとして親しまれてきたEXS24プラグインが、新しいモダンな設計と拡張されたサウンド加工コントロールを備えて生まれ変わった次世代仕様。後方互換性もあるため、アップデートによる仕様変更に困る心配はないとのこと。

Quick Samplerは、あらゆるサウンド素材をすばやく簡単に演奏できる音源に加工できるツール。素材となるサウンドはLogic内、Finder、ボイスメモ、さらにはQuick Samplerに直接録音することで取り込める。数回クリックするだけで、取り込んだサウンドはトリム、ループが施されて、キーボード上に割り当てられる。各種コントロールを通じてクリエイティブに音色を調整することもできるようになるという。

そのほか、アップデート箇所は以下のとおり。

プロ仕様の楽曲制作
• 豊富なエディタやツールを使って、MIDIまたはオーディオを録音、編集
• 音を外したボーカルの修正や、録音したオーディオのメロディの変更ができるFlex Pitch
• 録音のタイミングとテンポを簡単にコントロールできるFlex Time
• スマートテンポを使ってオーディオを読み込み、プロジェクトのBPMに自動的に適合
• iPadまたはiPhoneのLogic Remoteを使い、演奏とミックスを部屋のどこからでも

ドラムトラックとビートの作成
• Drum Machine Designerを使って独自のカスタムキットを構築、演奏
• ステップシーケンサーでビート、ベースライン、メロディパートをプログラミング
• 仮想セッションプレーヤーとビートプロデューサのDrummerを使い、リアルなアコースティックドラム、エレクトリックドラム、ヒップホップドラムのトラックを作成

サンプリング
• サンプラーを使って洗練されたマルチサンプル音源を素早く作成、編集
• 1つのオーディオファイルを読み込むか、Quick Samplerに直接録音して、再生可能な音源を即座に構築

キーボードとシンセサイザー
• インスピレーションを与える、アナログ、波形テーブル、FM、加算、グラニュラ、スペクトル、モデリング合成による各種シンセサイザー
• クラシックなオルガン、キーボード、ビンテージシンセサイザーを忠実に再現したモデルを演奏
• シンプルなコードをリッチな演奏に変えるArpeggiator

ギターおよびベースギア
• Amp Designerでビンテージアンプ、モダンアンプ、キャビネット、マイクを使い、独自のギターまたはベースリグを作成
• ディレイ、ディストーション、モジュレーションのストンプボックスコレクションから独自のペダルボードをデザイン

クリエイティブな楽曲作成エフェクト
• ビンテージディレイ、モダンディレイ、EQ、コンプレッサーのプロ仕様のコレクションにアクセス
• 多様性に富んだリアルな音響空間やクリエイティブな合成リバーブでサウンドを再生
• トラックに動きを付ける各種モジュレーションエフェクト

サウンドライブラリ
• 4,300以上の音源およびエフェクトパッチ
• 1,800の作り込まれたサンプル音源
• 幅広いジャンルをカバーする10,000以上のApple Loops

互換性
• 他社製Audio Units互換プラグインを使って音源とエフェクトライブラリを拡張
• XMLの読み込みと書き出しでFinal Cut Pro Xのワークフローをサポート

「Logic Pro X 10.15」 は本日5月12日から配信開始。既存ユーザーは無料でアップデートが可能で、新規ユーザーは24,000円(税込)で購入が可能だ。さらにLogic Remote 1.4も本日からApp Storeを通じて無料ダウンロードが可能になっている。ぜひアップデート・ダウンロードを。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。