Apple、M2チップを量産開始か。日経アジア報じる

Appleの次期ハイエンドラップトップ 「MacBook Pro」 に搭載されるとみられるカスタム次世代Macプロセッサ 「M2チップ (仮称)」 の量産がはじまった可能性があることがわかった。

現地時間4月27日、Nikkei Asiaが最新レポートの中で伝えた。( via MacRumors )

Mac用次世代プロセッサの量産が開始か

Nikkei Asiaによると、M2チップは次期MacBookの製造ラインに組み込まれるとのこと。今月から量産が開始されているものの、製造にはすくなくとも3ヶ月かかるため、出荷は早くても7月になる見込み。これまでの報道で次期MacBook Proの投入は2020年後半になるとされていることから、直近2〜3ヶ月以内に発売される可能性は少なそうだ。

M2チップは、現行のMacBook Pro、MacBook Air、Mac miniに搭載されているM1プロセッサの後継になる見通し。

M1チップは上記デバイスのほかにも、さらにiPad Proや24インチiMacにまで搭載先を増やしており、エントリーモデルからハイエンドモデルまで幅広くカバーするプロセッサとして使用されているが、M2チップはそのM1チップをさらに高速化したプロセッサになるとみられていて、MacBook Proの上位モデルやiMacの上位モデルなど、より高い性能が求められるモデルへの搭載が期待されている。

果たしてどれくらいの性能になるのか、上位モデルの登場を期待する声が次第に大きくなっているが、Appleはその期待に応えられるのだろうか。

関連記事
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。