Apple公式サイトがメンテナンスモード移行。新型iPhoneやHomePod miniが登場予定 (2020.10.13)

日本時間10月14日(水)午前2時から、Appleは新製品発表イベント 「Hi, Speed.」 を開催する。同イベントでは新型iPhoneやHomePod miniなど複数の新製品が発表されることが予想されているが、イベントを前にApple公式サイトがメンテナンスモードに移行している。

メンテナンス画面には「少しだけお待ちください。Apple Storeをアップデート中です。しばらくしてから、ぜひまたお越しください。」と表示されており、裏では公式サイトの更新作業が行われていることが確認できる。イベントの終了と同時にこのメンテナンスが明け、新製品の紹介ページが表示されるようになっているはずだ。

新製品発表イベントを前に公式サイトがメンテナンスモードに

今回の新製品発表イベントでは、新型iPhoneの 「iPhone 12」 シリーズと 「HomePod mini」 「AirPods Studio」 が発表されることが期待されている。

iPhone 12シリーズ

「iPhone 12」 シリーズは、多くのユーザーが注目している新型iPhone。今年は下位モデルとして5.4インチ・6.1インチの2モデル、上位モデルとして6.1インチ・6.7インチの2モデルの合計4モデルが登場すると噂されている。いずれのモデルも有機ELディスプレイを搭載するとみられている。

新型iPhoneは5G通信に対応することに加えて、ワイヤレス充電速度が向上すると伝えられている。高速ワイヤレス充電に対応し 「Magsafe」 の名を冠したワイヤレス充電器2種類が登場するとも予想されている。

発売日はモデルによって異なり、6.1インチの上位・下位モデルのみ先行で10月中に発売予定。5.4インチ・6.7インチモデルに関しては11月に発売する予定と伝えられている。

HomePod mini (仮称)

「HomePod mini (仮称)」 は、現行HomePodからスピーカーの数を少なくし、小型化したモデルと噂されている。既存製品と同じデザインを採用するが、大きさは半分程度。さらに価格を比較的手頃なものにすることで、より多くのユーザーにリーチする新生スマートスピーカーになるとみられている。内蔵される人工音声アシスタント 「Siri」 の性能も向上予定。

AirPods Studio (仮称)

「AirPods Studio (仮称)」 は、Appleが開発する純正のオーバーイヤーヘッドホン。AirPodsシリーズではじめてのヘッドホンタイプの製品となっており、ノイズキャンセリング機能をはじめ多くの機能が搭載されたハイエンドモデルになることが予想されている。

AirPods Studioには、フィットネス向けを意識した意識し通気性のある素材を使用したスポーツモデルと、レザーを使用し高級感を出すプレミアムモデルの2モデルが用意され、このうちのスポーツモデルは3.6万円台、プレミアムモデルは6万円台の価格になると予想されている。

AirPods Studioはイヤーカップをユーザーが自由に買えられるモジュール設計となっているため、AppleがApple Watchのバンドのように複数のイヤーカップをラインナップする可能性がある。

ただし一部のリーカーからは本製品が明日発表されることはない、とも伝えられていることから期待のしすぎは禁物だ。

新製品発表イベント 「Hi, Speed.」 は日本時間14日(水)午前2時に開始される。ライブ配信はApple公式サイトもしくはYouTubeで視聴可能だ。公式以外の日本語リアルタイム解説配信やライブブログなどのリンクは以下の関連記事でまとめているので、ぜひ活用していただきたい。

当サイトではイベントで発表された内容を速報でお伝えする予定。Appleの新製品や新サービスの情報を追いたい方はぜひ当サイトの更新をチェックしていただきたい。当サイトの公式Twitterアカウントはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。