Apple公式サイトがメンテナンスモード移行。Apple Silicon搭載Macが初登場へ (2020.11.10)

日本時間11月11日(水)午前3時から、Appleは新製品発表イベント 「One more thing.」 を開催する。同イベントではApple Siliconを搭載した新型Macの登場が予想されているが、イベントを前にApple公式サイトがメンテナンスモードに移行している。

メンテナンス画面には「少しだけお待ちください。Apple Storeをアップデート中です。しばらくしてから、ぜひまたお越しください。」と表示されており、裏では公式サイトの更新作業が行われていることが確認できる。イベントの終了と同時にこのメンテナンスが明け、新製品の紹介ページが表示されるようになっているはずだ。

新製品発表イベントを前に公式サイトがメンテナンスモードに

今回の新製品発表イベントでは、Appleの独自プロセッサ 「Apple Silicon」 を搭載した新型Macのほか、紛失防止タグ 「AirTag」 が発表されることが期待されている。

Apple Silicon搭載Mac

今回の新製品発表イベントでは、いよいよ 「Apple Silicon」 を搭載した新型Macが発表されるとみられている。

「Apple Silicon」 とは

Appleが独自開発したARMベースプロセッサ。iPhoneやiPad、Apple Watchに搭載されているAシリーズプロセッサ (たとえばA14) と同様のアーキテクチャを使用することで、これらのデバイスとの親和性を高めながら、同時にMacに最適な形の低電力および高パフォーマンスを引き出すことが可能。2020年から2年かけて各モデルのプロセッサをApple Siliconに置き換えていく計画と発表されている。

この新型MacがどのMacなのかは現時点では明らかにされていないものの、著名リーカーの有没有搞措氏Bloombergの名物記者Mark Gurman氏からの情報では、13インチMacBook ProとMacBook Airになる可能性が高そうだ。

これらは現行モデルからデザインの変更はなく、あくまでプロセッサの置き換えのみを行う予定。内蔵プロセッサはA14チップをベースに開発したもので、iPhone 12シリーズやiPad Air(第4世代)に搭載されているものをMac向けにアレンジしたプロセッサになっていると考えられている。ちなみにAppleが独自に開発したグラフィックチップや機械学習用のプロセッサも搭載されるとのこと。

AirTag

新型Macと同時に発表される可能性が高いとされているのが紛失防止タグ 「AirTag」 。

AirTagとは、Appleが独自で開発した紛失防止タグで、財布やカバンなど大事なものにくくりつけておくことで紛失や盗難を防止できる便利アイテム。有没有搞措氏によると、大小2つのモデルが用意されているとのこと。

音を鳴らしてアイテムの位置を見つけることができるほか、iPhoneのARカメラを使った目視によるアイテムの位置を探す機能も用意されると言われている。また、紛失したとしてもAirTagの通信範囲に出入りすると自動でiPhoneに通知が届くなどの仕組みも用意されているようだ。

本体はコイン電池が内蔵されていて、それによって駆動する仕組みになっているとみられており、バッテリーが切れたらユーザーの手で適宜交換できると予想されている。

著名リーカーのJon Prosser氏曰く同製品はすでに販売の準備が整っており、あとはAppleの好きなタイミングで発表・発売することが可能であるとのことから、今回のイベントで発表される可能性は十分にありそうだ。

新製品発表イベント 「One more thing.」 は日本時間11日(水)午前3時に開始される。ライブ配信はApple公式サイトもしくはYouTubeで視聴可能だ。視聴方法などは以下の関連記事でまとめているので、ぜひ活用していただきたい。

当サイトではイベントで発表された内容を速報でお伝えする予定。Appleの新製品や新サービスの情報を追いたい方はぜひ当サイトの更新をチェックしていただきたい。当サイトの公式Twitterアカウントはこちらから

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。