AppleマップのLook Around機能、日本の一部都市で利用可能に

Appleの純正地図アプリの新機能 「Look Around」 が、ついに日本でも利用可能になったことがわかった。

Apple純正マップで 「Look Around」 が日本でも利用可能に

「Look Around」 は、Appleの純正地図アプリで使えるパノラマ写真閲覧機能。Googleのストリートビューのように道路を写真で見渡すことができるようになっていて、地図情報だけでは分かりづらい現地の様子を写真で確認できる便利機能だ。

この機能はAppleの純正地図アプリのリニューアル作業にあわせて追加されることが発表された機能で、「iOS 13」 をインストールしたデバイスで閲覧することが可能。

Appleの従業員が地道に地図情報を更新していることもあり、同機能が利用できる都市はまだ東京、大阪、名古屋、京都の4地域だけのようだが、今後徐々に対応地域は拡大していくものとみられる。

ちなみに同機能は米国でもニューヨーク、ボストン、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルスといったごく限られた地域でしか利用できないものになる。

利用するには地図アプリの右上にある双眼鏡のマークをタップするだけ。この双眼鏡は利用できる地域のみに表示されるようになっているため、是非お試しいただきたい。

関連記事
iPhone 11 Pro レビュー | 3眼カメラを搭載した初プロモデル。14万円の価値はあるのか考えてみた
iPhone 11 レビュー | 望遠レンズが不要なら今年は11を選ぶべきなのかも
iPhone SE レビュー | 第2世代になってもTouch IDは現役。安さが取り柄なんて言わせない

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。